やっぱり呼吸かなぁ・

ピラテスや、スタジオレイのバレエレッスンに通い始めて
改めて
呼吸と思考と声と身体の
緊密さを痛感する。


夏から読んでいる本
「話す権利。あなたの生き方を変える。ボイストレーニングの本」でも、呼吸の重要さが何ページにも渡り
書いてある。

特に
「私たちの知力と有機体としての行動力は、呼吸がどこかで止められて
十分に出来ないと、大きく削減される」
という一説。

これが、ここ数週間のレッスンを通して
剥がれ落ちるように、クリアにみえつつある。

私は水泳が好きで
潜水も平気で
結構息を止めても大丈夫なのが自慢だったのだけど
これは自慢でもなんでもなくて

一時的に止めた息がどんどん普段の呼吸を否定して
思考力も感情も反応力も鈍る、
のだそうだ。

おっそろっしい。

子供の頃「息を止めて何秒ごっこ」とかしていたけど
とんでもないことらしい。

以前RADAのワークショップ IN FURANO
で「いつ息を止めているか、知ることが大事」と言われたけど
ようやく、それがどんな意味かわかってきた。

私はとても息が浅かったのだ。
パソコンを打ってるとき、
電話で相手が話し出す直前、
耳カキしてるとき、
いろんな場面で呼吸をとめがちだった。

それを意識して
気が付いたら深く呼吸することを心がけるようにしてみた。


ここ何週間か
わりと自分の判断力が冴え気味な気がする。
気がするだけだけど。

動物は、息を止めない。

ためしに、猫の呼吸のテンポにあわせて呼吸をしたところ
なんと、彼らは、短時間に凄く深い呼吸をしているのだ。

それも、立派な腹式。

獲物を獲るために、息を凝らす事はあっても息を止めたことは無いんだろうな。

演技にも呼吸が大事なことは
クラスで教えていても、顕著に出てくる。
大きく深く呼吸をすることが、人によっては結構勇気の要る事だったりもする。

集中することは息を止めることじゃないのだ

呼吸の容積=感受性なのかも

と新たな方程式を発見した気分。

ライフログに「KAMA AINA~ふたり アンソロジー オブ バーバリアン」のCDを加えました。ジャケットはビックリな感じですが
下高井戸の『ナイスタイムカフェ』で、ヒトギキ惚れして
購入。

のんびりしてていいです。カフェもお勧め!
[PR]
by chutaro116 | 2004-12-14 01:08 | からだ

猫、表現、そして日々のこと。


by chutaro116
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31