あるく

自転車を駅前に置いておいたら(5日も放置してしまった)
隣町の保管所に行ってしまった。

休みがないので
今日の午前中に(午後から仕事)てくてく歩いてとってきたのだけど
ものすごく行き過ぎて、中央高速の高架下まで行って
もう23区ではない(三鷹市)ことに気づき
とき遅く、遠回りなんだか近いんだか判らない状況で
歩くこと1時間半

ひとっこ一人歩いていない・不安・・・。

途中リサイクルショップ「がんば郎」という
どうみても、
いらないものしか置いていないお店の、
寅さんみたいな店主さんにも道を尋ねた。

がらくた(ごめんなさい)の山の中からぬっと私が現れ、
店主はひどく驚く。
(しかし、誰が来ても驚くと思う。私も驚いたよ)

開口一番、
「八代亜紀いいでしょお」と店内に流れる演歌を自慢された。

でも一番しっかり道を教えてくれたのは寅さんだった。
「自転車の保管所までは、あと1キロあるよ」
と言いかけて私の絶望的な顔をみて、
「あ、5,600メートルかな。」
と気休めに言い直してくれた。

しかし1.2キロはしっかりあった。

さすが寅さん。

天気が良くて気持ちよかったけど
私は鉄塔と高架下の近くに行くと
自分の判断力が消滅に極めて近い状態になり
非常に危険なことが良くわかった。

自転車は3000円と引き換えに戻ってきた。(高い罰則)

やっぱり自転車は気持ちがいいなあ。

道は迷う前に、どんどん人に尋ねるべし。
自転車は放置するべからず。

今日得た教訓。

助けてくれた方々、ありがとう~~。
[PR]
by chutaro116 | 2005-05-04 02:20 | からだ

猫、表現、そして日々のこと。


by chutaro116
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30