FICTION

今日は
「FICTION」の「ヌードルス」という芝居を観ました。
FICTIONは富良野塾の同期生、山下澄人が主催してます。

ずいぶん前(9年前????)の立ち上げの3回目に観た時、
絶対、澄人はお笑いに行くべき!と心で叫んだのだけど、
今日、お笑いではなかったけど
すばらしい笑いの世界を繰り広げてくれていました。

すっごくお勧めです。

山下澄人は多分今の日本の演劇界で一番のリアクション俳優だと思います。

塾時代倉本先生は彼を天才、と言っていました。

当時の私にはその意味がわかりませんでしたが
年を経て、多少の経験をつんだ私には
今日、ようやくその意味が理解できました。

とにかく、相手役への集中度がすごい。
マイズナーテクニックの標本のようです。
(もしかしたらメソッドかも知れないけど、そんなのはどうでもいいの)

なので、観客は今舞台で何が起きているのか
俳優たちに釘付けになってしまうのです。

テンションの芝居でも、ただただリアリズムを追及してるのでもなく
変な人たちが生っぽく存在してます。

悔しいほどのリアクションです。

表現の可能性ってココまで広がるんだな~。
最近の私は少しドメスティックになっていたかもと反省しました。

悔しいので私もがんばります。

「ヌードルス」7月31日まで、シアタートップスにて上演しています。
是非体験してみてください。
[PR]
by chutaro116 | 2005-07-30 01:40 | 芝居

猫、表現、そして日々のこと。


by chutaro116
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31