息が通る

今日は、ステジオレイのベーシッククラス。

4月から始まって、3月まで。
月3回のレッスンは毎回、目からうろこで、
忘れないうちに、ノートに記録したり、
貸し出しのビデオで復習をしてたりする

しかし、今月になってから、
滅法、体調、というのか、全体的に不調で
元気、というものが抜けてしまい
ひたすら毎日眠くて、何も出来ない状態だった。

以前書いたけれど、
年末の事で部屋に居ることがとてもストレスだったようで
思考や感情の浮き沈みも激しいのだった。

そして本日、声のレッスンの前に必ず先生に呼吸を診てもらうのだけど
「なんだか、呼吸が追いついていない感じだけど、なんかあったの」と
ずばりご指摘いただいたのだ。

疲れる原因が自分で理解できたのはつい最近のことで
「これこれしかじか~」と説明をしたら
「じゃあ焦らなくていいから、ゆっくりここを開こう」と
鳩尾を触ってくれた。

なんだか急に泣きそうになった。

触れてもらう、ということがこんなにあったかいことだとは思わなかった。
私の身体も心も触れてもらいたかったんだ。

レッスン中なので泣かなかったけど、
鳩尾とかに、感情は溜まっているんだということも判った。

あまりにもお腹が硬くなっていて
自分で呼吸をするにも
出来なかったのだ。

自分でも講師をしていて、
クラスの始まる前には必ず呼吸の体操をしているのに
自分の内観をちっともしていなくて
毒を溜め込んでいたみたいだった。

先生のガイドのおかげで、丹田も百会も復活してきた。

するとそのあとに受けたヨガのクラスでも
呼吸を吐き出す動きを沢山してくれたので
一月振りくらいに蘇った感じだった。

私は不調がすぐに身体と精神面に良くも悪くも出るので
(堪え性が無いともいう・・・)
発見が早いのだと思うけど
これでもがんばれてしまう人は、もっと身体を壊してしまのかもしれない。

無理が出来ない、のも考え物だけどな・・・。

今年はしなやかな精神力と内側の筋肉を鍛える、のが目標です。
[PR]
by chutaro116 | 2007-01-26 04:20 | からだ

猫や芝居や日常


by chutaro116
プロフィールを見る
画像一覧