カテゴリ:芝居( 238 )

ミスデザイン、無事に終了いたしました!!

ミスデザイン@麻布区民センター
5/20〜22

無事に終了いたしました。

ご来場いただいたお客様、スタッフの皆様、共演者の皆様
本当に有難うございました。

まだまだ精進します。

これからも、どうぞ、よろしくお願いいたします!

b0062522_00142643.jpg
b0062522_00261815.jpg


b0062522_00153424.jpg

[PR]
by chutaro116 | 2016-06-02 00:36 | 芝居

ミス・デザイン

いや、本当にご無沙汰している更新です。
なんと今年初めて・・・・。
すみません。

お芝居の告知です。
b0062522_23564216.jpg
舞台稽古の一コマ


来週20日から3日間、六本木でお芝居に出演します。
弁護士の役で、難しい裁判用語と格闘中です。
お時間ありましたら、ぜひ、ご来場くださいませ〜
麻布演劇市213回公演で麻布演劇市と麻布区民ホールが協賛しております舞台が5月20日から21日まで上演されます。
離婚裁判で子供の親権を争う夫婦の話です。
弁護士の助言を元に、実際の裁判を想定して創られた物語です。
「スタジオQ」第4回公演
「ミス・デザイン」
2016/05/20(金) ~ 2016/05/22(日)
麻布区民センター
【脚本・演出】高畠久
【出演】
村山竜平、黒岩徹、堀越健次、渡辺慎平、岩崎聡子、藤川千尋、
長谷川葵、那波千恵子、辻芳江、片田理萌、石井須賀子、
不動晶輝、大橋昇、生江美香穂、青木ちか、加藤大騎、立花伸一
【料金】前売り3,500円、当日4,000円
【HP】 http://studio-q.tokyo/
【タイムテーブル】
5月20日(金)19:00
5月21日(土)14:00/18:00
5月22日(日)13:00/16:00
【あらすじ】
離婚裁判を行う一組の夫婦。
争点はただ一つ。
子供の親権だった。
しかし原告側が申請したのはDNA鑑定…。
この子の本当の親は誰なのか?
親権はどちらに傾くのか…。
そして判決の時が来た…。
色んな人間ドラマの中で何が真実かを描く。
【スタッフ】
【照明】東雅敏【音響】佐藤日出夫【舞台監督・美術】矢野好次【演出協力】岩本巧【ヘアメイク】加藤寿々香【舞台写真】石黒健治【制作協力】赤熊謙一・柴田絢子【製作協力】平塚晋
どうぞ宜しくお願い致します。
http://studio-q.tokyo

[PR]
by chutaro116 | 2016-05-14 00:16 | 芝居

公演のお知らせです!

ご無沙汰しています。
久々の舞台出演のご案内です。

今回は、歌手の水戸真奈美さん
ミュージシャン佐々木祐滋さんと、

昨年『リア~里亜』でご一緒だった聾の俳優庄崎隆志さんの3名が
中心になって立ち上げたプロジェクト。

「命・生きる力」
→HPはこちら^^→
http://www.mitomanami.net/_src/sc3839/oriduru20150216.pdf
b0062522_10554933.png

b0062522_10591584.png


そして、さまざまな業種で活躍されているみなさんが集まった
とてもユニバーサルな座組になりました。

お話は
ヒロシマの原爆で病を患い、
千羽鶴を折り続け、平和を祈り
12歳で生涯の幕を閉じた
「禎子像」の佐々木禎子さんと、
東日本大震災の南三陸町職員で防災対策庁舎から
高台への非難を呼びかけ続け
津波から多くの命を救った天使の声の遠藤未希さん。
時代を超えた、二人の女性の生き様。

朗読・手話・演劇・歌・ダンスを織り交ぜ舞台に再現します。
佐々木祐滋さんは禎子さんの甥にあたります。

私自身は10年ほど前に、
リーディングとして、禎子さんの役を演じたことがあり、
このお話にはとても強い思いがありました。
なので、今回は意気込みなどを
簡単に言葉では表せない気持ちです。

時を経ていろいろな事が日本に起きています。

俳優として、できることで
観に来てくださった方の心にお届けできるものを
丁寧に創りあげていきたいと思っています。

チラシの発送ご希望される方はコメント欄に内緒のメッセージをください。
また、今回はコンサートホールという大規模な公演のため、
多くの方への告知が必要となります。
ですので、チラシを置いていただけるお心当たり等を教えていただけると幸いです!!
よろしくお願いいたします!

稽古初日
b0062522_959988.jpg


***********公演情報で~す*****************

舞台『命・生きる力』 チケット販売中
2015年4月29日(水・祝)開催
開場13:30 開演14:00
かつしかシンフォニーヒルズ
モーツァルトホール 会場情報LinkIcon
 〒124-0012 東京都葛飾区立石六丁目33番1号
前売り(当日)  チケット情報LinkIcon
一般 \3,500(¥4,000) 学生 ¥2,500(¥3,000)
子供 ¥2,000(¥2,500)※小学生以下
団体(10名様) ¥30,000 ※前売のみ

脚本:青木淑子
演出:庄﨑隆志
舞台監督:清水義幸
キャスト:佐々木祐滋・水戸真奈美・庄﨑隆志・金子真美・貴田みどり・五十嵐由美子
        山本映子・岩崎聡子・佐田明 他

主催:NPO法人 SADAKO LEGACY
   Fellow Planning Offic 
[PR]
by chutaro116 | 2015-02-17 09:57 | 芝居

稽古初日です!

稽古初日。

素敵な写真をスタッフのカメラマン松田さんがたくさん撮ってくださいました。

庄崎さんの絵コンテ(舞台の絵コンテ)を製本中。
b0062522_9591120.jpg


この日は、全員でスマイルインストラクター大瀧由美子さんの
「スマイルレッスン」から稽古スタート!
b0062522_959785.jpg

笑顔の一日です!笑顔は毎日、朝起きた時から心がけましょう!なのです^^。
b0062522_959862.jpg

右は共演者の山本映子さん。

始まる前のストレッチ。ちょっと久々なので、体が硬くて、実はヒヤヒヤ。
b0062522_959945.jpg


向かい合っているのは、共演者の貴田みどりさん
(みんなの手話等でおなじみ。素晴らしい女優さんです)
今回はセリフにすべて手話が付きます。なのでセリフの手話を創っていただき、
それを覚えるのです。覚えること、たくさん!
b0062522_9591044.jpg



稽古の写真は順次UPしていきますね~!

お楽しみに~。
[PR]
by chutaro116 | 2015-02-11 11:33 | 芝居

明日、5/30 初日でーす!

いよいよ、明後日が初日です。

「猫、わが愛、わが命」
b0062522_21493328.jpg


本日は、最後の稽古でした。...
b0062522_21493644.jpg


お席には、十分に余裕があるそうですT_T
b0062522_21493861.jpg


ご都合が、よろしければ、梅雨入り前の、晴れやかな5月、六本木にいらっしゃいませんか〜。
おばさんの岩崎がお待ちしておりまーす^_^
ありったけの愛を(ネコ&お客様への)込めて、頑張ります!
b0062522_21493599.jpg


ご来場の際には、是非、私、岩崎聡子まで、ご連絡くださいませ~。

************************************
「猫、わが愛、わが命」
猫好き必見!犬好き敵情視察!
私たちの人生は猫と共にある。

公演ホームページ
http://ameblo.jp/studioq-butai/entry-11864380959.html


公演スケジュール
<期間>
2014年5月30日 (金) ~2014年6月1日 (日)

<公演日・開演時間>
05月30日(金) 16:00 / 19:00
05月31日(土) 13:00 / 18:00
06月01日(日) 13:00 / 16:00
チケット料金
前売: 3,000円
当日: 3,000円(全席自由・税込)
会場
麻布区民センターホール
http://www.city.minato.tokyo.jp/shisetsu/kumincenter/kumincenter/03.html


出演
草薙仁 / 平井千尋 / 村山竜平 / 斎原あかね /霜鳥百花 / 筒井歩輝
/ 岩崎聡子 / 岩ゲント / 藤澤のりあき / 清水結佳理 / 永島さくら /
小川恭慰 / 神山一郎 / ありさ / レオン /
パネルダンサーズ: Kelly、池田美郷、増田ゆーこ、山岡よしき

スタッフ
作・演出: 高畠久 / 音楽・演奏: 上本巨志 /
制作: 一澪かずや、赤熊謙一 /
舞台監督: 岩本巧 / 演出協力: 西山雅之 /
猫の造形: 清水結佳理 / 宣材デザイン: 堀川もと恵

**********************************
[PR]
by chutaro116 | 2014-05-28 21:48 | 芝居

舞台公演「猫、わが愛わが命」出演のお知らせです。

おかげさまで、4月28日に『里亞王~リア~』
無事に千秋楽を迎えることが出来ました。

ご来場いただいたお客様、
本当にありがとうございました。

今回は、本当に新たな試みでした。
あたらしい事を産み出すのは、本当に大変である
と、言う事に気付きました。

それでも、出演者、スタッフ、ボランティアでお手伝いをしてくださった
手話通訳の皆様。本当に本当にありがとうございました。
思いやりと愛に満ちた幸せな現場でした。
さあ、旅公演だ~(架空の意気込みでした(^_^;))

さて、なぜか立て続けですが、
5月
舞台公演「猫、わが愛わが命」出演のお知らせです。
http://ameblo.jp/studioq-amakasumasahiko/

本当にタイムリーなお話でした。

昨年10月から我が家で飼い始めた猫の名は「レオン君」

主人公の猫も、「レオ」です。

偶然でしたが、面白い展開です。

さ~頑張ろう。












対抗
[PR]
by chutaro116 | 2014-04-30 23:54 | 芝居

里亜王~リア~

連日稽古佳境であります。

聴こえない俳優と聴こえる俳優のコラボレーションで紡ぐ、
シェークスピアの世界「里亜王~リア~」

観た事の無い世界を創り上げる為、
日々、稽古場では熱き苦闘が繰り広げられています。

27日日曜日のチケットは既にキャンセル待ちとなりました。

ご予約、お待ちしております!

特設ブログはこちらです

シアターガイドの紹介はこちらです↓
http://www.theaterguide.co.jp/search_result/paid/detail.php?id=32024

******************************
2014年4月25日~28日にアサヒ・アートスクエアで上演するLR「里亞王~リア~」
庄崎隆志、大橋ひろえ、廣川麻子が団体の枠を超え、
それぞれの得意分野を生かし、
共同企画・制作することによって、
より水準の高い演劇作品を生み出す。
ろう者の立場でそれぞれ経験を積み重ねてきたことを
新たな形で発揮するために「LR(エルアール)」というユニットを結成。

ストーリー 「言葉」は台詞だけではない。
身体、手話言語、光や、空間に満ちる豊潤な言葉にこそ私たちは心を奪われる。
キコエナイ俳優とキコエル俳優は優しき混沌から何を聴くのか。
「利」と「理」が絡み合う、人の愛と因果の物語。


スタッフ 演出:庄崎隆志
舞台美術:安元亮祐
演出補:野崎美子
音楽:芳賀一之
照明・舞台監督:清水義幸
舞台装置・仮面製作:榎本トオル
衣装:川口知美(COSTUME80+)
宣伝写真:斎藤陽道
宣伝ヘアメイク:藤田理恵
稽古手話通訳:山咲みのり、阿部有美、高山睦子、江崎裕子、福島悠佳
サポートスタッフ:佐野笑子
制作:廣川麻子、佐々木優佳(ヒロカワ企画)
協力:デフ・パペットシアター・ひとみ、

企画・製作:庄崎隆志(office風の器)、
大橋ひろえ(サイン アート プロジェクト.アジアン)、廣川麻子(ヒロカワ企画)

キャスト
大橋ひろえ
加藤裕(SET)
山本映子
加藤道子
三上剛
砂田アトム
奥本真司
蒼島えいすけ 
岩崎さと子(ワンダープロ)
數見陽子
大滝樹
貴田みどり(オフィスキイワード)
庄崎隆志

お問い合わせ LR

info2014lr@gmail.com
LR「里亞王(リア)」公式ページ

FAX 03-3323-8433
当方は耳が聞こえないため、
電話でのお問い合わせをご希望の方は、
折り返し電話をしますのでまずはFAXかメールにて番号をお知らせください。
[PR]
by chutaro116 | 2014-04-09 20:10 | 芝居

名優 すまけいさん

ブログ作成者の方が、
すまさんの、思い出を綴っています。


さようなら、そしてこんにちは 幻劇場

http://ysuma.exblog.jp/21681722/

とても心打たれます。

もう、あのすまさんの演技を劇場で拝見できないのかと思うと
本当に淋しくなってしまった事に気付かされます。

私は2000年頃に「売らいでか」という作品でご一緒しました。
本当にステキな大先輩であり、尊敬すべき俳優さんでした。

同じ空間で共有できた時間、忘れないように、したいです。
[PR]
by chutaro116 | 2014-04-01 23:06 | 芝居

舞台等、出演のお知らせ。

本当に暫くぶりの更新でごめんなさい。

新しい猫ちゃんが来てからというもの、
ますます日常の密度が濃くなってしまって
日々追われてしまって、
フェイスブックへの投稿だけとなってました。

そんなわけで、
ブログで一番初めに告知したいと思います。

少し先ですが、来年4月に浅草のアサヒ・アートスクエアで
上演される
「里亞王~リア~」に出演します。
勿論、原作はシェークスピアの「リア王」です。

今回のプロジェクトは、
聴こえない俳優、スタッフと聴こえる俳優達のコラボレーション。

とっても刺激的でステキな表現者が集まりました!

是非是非、お楽しみに。
劇場でお会いできる事を楽しみにしています。

手話の勉強会なども始まり、聾者と健聴者の交流から少しずつ
舞台の稽古に移行していきます。

LRブログは、こちらからどうぞ~⇒LR「里亜~リア」

ちなみにfecebookアドレスはこちらです↓
https://www.facebook.com/#!/satoko.iwasaki.161

アカウントをお持ちでしたら、是非お友達申請してくださいね。


******************************

office風の器
  
   ×
サイン アートプロジェクト.アジアン  
   ×
ヒロカワ企画
 
共同プロデュース

アサヒ・アートスクエア協力事業


里亞王~リア~ 

作・ウィリアム・シェイクスピア

上演にあたっては、台詞に頼らず、身体表現、手話言語、視覚的な面白さを追求し、
人間の心理を深く表現します。
また、キコエナイ俳優とキコエル俳優とが混然と交じり合ったカオスを舞台上に作り出し、
「利」と「理」の絡みから、人間の不条理や愛を感じていただければと思います。

●日時
2014年
4月25日(金)14:00/19:00
4月26日(土)13:00/18:00
4月27日(日)13:00
4月28日(月)13:00

●チケット料金
全席自由・日時指定・税込
一般前売 3500円
学生前売 2500円
一般当日 4000円
学生前売 3000円

●会場 アサヒ・アートスクエア
130-0001 東京都墨田区吾妻橋1-23-1 スーパードライホール
隅田川・吾妻橋にある金色の炎のオブジェ“フラム ドール”の下にあるアートスペース
*アクセス 地下鉄銀座線「浅草駅」4、5番出口より徒歩5分 
東武線「浅草駅」より徒歩6分

●チケット発売開始
2014年1月24日(金)午前10時
LR チケットオンラインご予約ページ
http://www.confetti-web.com/ticket/ticket.aspx?tid=120149

●出演
大橋ひろえ
加藤裕(SET)
山本映子
加藤道子
三上剛
砂田アトム
奥本真司
蒼島えいすけ
岩﨑さと子(ワンダープロ)
數見陽子
大滝樹
貴田みどり(オフィスキイワード)
庄﨑隆志

●スタッフ
作:W・シェイクスピア「リア王」
訳:斉藤勇
脚本・演出 庄﨑隆志
舞台美術 安元亮祐
演出補 野崎美子
音楽 芳賀一之
照明・舞台監督 清水義幸(カフンタ)
舞台装置・仮面製作 榎本トオル
衣裳 川口知美(COSTUME80+)
宣伝写真 齋藤陽道
宣伝ヘアメイク 藤田理恵
稽古手話通訳 山咲みのり/阿部有美/高山睦子/江崎裕子/福島悠佳
サポートスタッフ 佐野笑子
制作 廣川麻子/佐々木優佳(ヒロカワ企画)
協力 デフ・パペットシアター・ひとみ/㈱スーパーエキセントリックシアター

※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。
※開場は開演の30分前です。
※整理券は開場の60分前に配布します。

観劇サポート
※カンフェティを通して予約したお客様は託児(無料)をご利用いただけます。
※車椅子でご来場のお客様は当日スムーズにご案内させていただくため、ご予約時にお知らせください。
※耳が聞こえないお客様でご希望の方には事前に台本を無料で貸出いたします。

**************************************
[PR]
by chutaro116 | 2013-12-20 14:16 | 芝居

お奨めの演劇ワークショップのお知らせです!

今月8月に上旬に受講した、
日本演出者協会ロシアワークショップのロシア語スタッフで参加されていた、
杉山剛志さん(日本で演出家として活動されている)の2日間のワークショップが今月、二回開催されます。

私は今月17日18日と、
上旬に引き続き、杉山さんによる2日間のワークショップを受講しました。

2日の内容が濃いだけでなく、
その後の様々な現場で試す事のできる、有効なアプローチを持ち帰りました。

クラスも、とても明晰明快に進んで行きます。
多分、知った後と前では、自分の方向性が随分違う感じがしています。

演出者協会のロシアワークショップも一万円でお得でしたが、
こちらも2日間×7時間位で4000円と、ホントにお得です。

ご興味ある方、コリッチのリンクをご覧くださいませー。

http://stage.corich.jp/bbs/detail.php?sure_id=13145


*******************************************************************
『演技の基礎から俳優の為の戯曲分析法までを2日間で』 
〜現代のスタニスラフスキー・システムの本当に効果的な活用法〜
【9月 最終追加開催決定!】

*******************************************************************
《ワークショップの概要》~コリッチより引用~

【ワークショップ 1日目】
・俳優にとって必要不可欠な能力を向上させる為の基礎訓練を通して「目指す演技を生み出す普遍の法則」を知る
・簡単なエチュードに取り組み、学んだことを実践の演技を通して体験し理解する

【ワークショップ 2日目】
・セリフを使ったエチュードに取り組み、学んだことを演技に活用して発展させる
・目指す演技に直結する演じる為の戯曲の読み方(分析法)を、A・チェーホフ作『桜の園』のシーン分析に取組み学ぶ。
・そして立ち稽古、実践へ。

「戯曲分析」の能力を向上させることは、俳優にとって(また演出家にとっても)は最重要なことの1つでしょう。
なぜなら、この能力の向上は演技力の向上にそのままダイレクトに結びつくからです。
そして実は
戯曲には「生きた演技を引き出す為の特別な読み方」が存在します。
つまり、一般の人が戯曲を読む場合と、俳優が演じる事を前提にして読む場合とでは、着目しなければならないポイントが全く違うのです。

今回のワークショップでは、「俳優の為の戯曲の読み方」を、その後自分でも活用できるようになる程、具体的にお伝えしたいと思います。
ぜひ、戯曲分析能力の飛躍的な成長への糸口を見つける絶好の機会にして下さい。
《募集要項》
【日程】
第8回 9月 7日(土)& 8日(日) 
第9回 9月21日(土)& 22日(日) 
※いずれの日程も時間は全て13:30~20:30

【場所】下北沢近辺の施設

【料金】2日間で4,000円! 
※当日支払い、1日のみの受講は出来ません
※連日での受講が都合上難しい場合ご相談下さい。その場合は土曜と日曜を別な週で組み合せることもご相談に乗ります。(ただし土曜日の受講が先になります)

【定員】8 名まで ※先着で締切らせて頂きます。

【応募条件】年齢・経験は問いません。

【ご応募・お問合せ方法】
下記要項を、件名に「短期ワークショップ申込み(こりっち)」としワークショップ担当までメールにてご連絡下さい。
宛先メールアドレス: alaplace.net@gmail.com 
※演劇カンパニー ア・ラ・プラスのホームページ(Contact)からもお申し込み出来ます。

コリッチの掲示板はこちら↓

http://stage.corich.jp/bbs/detail.php?sure_id=13145

①お名前(ふりがな)
②年齢
③性別
④メールアドレス(連絡が迅速にとれるアドレス)
⑤電話番号
⑥演技経験のある・なし(「ある」の場合は今まで参加したことのあるWSや舞台経歴などを教えて下さい)
⑦メッセージ(今回ご応募頂いた理由など)

《過去に参加された方々から頂いた感想》

『長年演技に携わってきましたが、演じるということが一体どういうことなのか、このワークショップでやっとはっきりとわかりました。 正直、目からウロコでした。』

『説明がとても分かりやすく、本当に楽しく、発見が多々あるとても充実した2日間でした!もっともっとこの方法を使って色々な戯曲を演じたいです!』

『自然な感情や演技を生み出す具体的な方法、そして戯曲を分析して芝居を創っていく方法には本当に目からウロコが落ちました! 是非引き続き継続して学びたいです。』

『これ程やっている1つ1つの取組みにはっきりした意味と明確な目的があり、その効果を実感し納得出来たワークショップは初めてです』

『過去に受けたどんなWSとも全く違う視点で演技というものを考えさせてもらえました。 自分が演劇を続けてもいいんだと思わせてくれる唯一のワークショップでした!』

『肩書きだけのようなワークショップに今までに何度も出会いましたが、それとは全く違い、本当に受けて良かったと思えるWSでした。是非もっと学びたいです!』

『今まで演技をすることが不安で、どのようにして動こうなどと考えていましたが、このWSで自分の心の動きを感じました。以前より演じることが楽しくなりました!』

『エチュードを演じた後の指摘が的確で次につなげる為にとても為になりました。戯曲分析はここまで深く読めるものなのか!というくらい正直感動しました。そしてその道筋がとても具体的で分かり易かったので、自分でも他の戯曲を読む際に活用しようと思います。本当に受講して良かったです!ありがとうございました!』

『具体的で丁寧でとても分かりやすかったです! 桜の園の分析は本当に面白く目から鱗が落ちました!』

『分かっていた様で、分かっていなかった「舞台上で生きる」ということがちゃんと理解できました。何より戯曲の読み方がとても判りやすく、これからは苦手な古典も読めそうです!』

『基礎訓練やエチュードなどを何の為にやるのかという事が整理された気がします。すごく有意義で長期ワークショップにも参加したいと思いました。』

『名のある養成所で演技を学び携わってきましたが、舞台に立っていて「もう一回やりたい!」「他の違う役もやりたい!」と思ったのは初めてでした。芝居の楽しさを発見できました。ありがとうございました!』

等々。
わずか2日間のワークショップですが、とても多くの参加者の方がその大きな成果と深い効果を身をもって実感されています。

*********************************************
[PR]
by chutaro116 | 2013-09-01 17:27 | 芝居

猫や芝居や日常


by chutaro116
プロフィールを見る
画像一覧