<   2005年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

訃報

最後の鼛女「小林ハル」さん
がお亡くなりになった。

105歳。

もう4年半くらい前になるけど
「知ってるつもり」の小林ハルさんの回で
ハルさんの役を演じたことがあった。

厳寒の山形、「日本国古屋敷村」
というところで豪雪の中、
まるで映画の現場のような熱さの撮影だった。

ハルさんに一度お会いしたい、と思いつつ
とうとう一度もお会いできることはなかったのだけど
壮絶な人生を送られ、
そして美しい心をお持ちのまま
人生をまっとうなさった
凄い方で
私なんかがハルさんを演じても
足りないことだらけだったような気がする。

ハルさん、どうか安らかに安らかにお休みください。

そして、どうかはやく生まれ変り
この世を見渡せますように。
[PR]
by chutaro116 | 2005-04-26 02:38 | 映画・ドラマ

コミュニケーションズ

新国立劇場の「コミュニケーションズ」を観る

コント集、ということで
いつもは、シックな感じの小劇場が
ネオンで彩られて
なんだかウキウキ。

冒頭とラストの生演奏の
しめっぽ~い感じは
多分狙いなんだと思うけど
裏寂しい寒さにとても笑えたのだけど
笑っていたのは私だけだったかもしれない。

なんといっても
文学座の神保共子さん。
リスの着ぐるみ、にんじん、ガクランのヤンキー
フルムーンカップル妻のハワイアンダンス。

もう、神保さんしか目に入らない。

人生の目標は今夜から神保さん。


上演期間はあと二日です。

私は実はコントが大好きだったと
再確認した。

笑うと元気が出ることも
今夜再確認した。

あ~、毎日笑ってすごしたいな~。

新国立のコント、ということで
観客も戸惑っていたのかな・・。

大爆笑の渦、という大真面目な芝居が
もっとたくさんあればいいのに、
心から思う。

お笑いだけに終わらず、
社会風刺にとどまらず、こだわらず
笑うことを戸惑わせない
心を全身をくすぐるような芝居、
身もだえするような芝居
そういう芝居を創れたらいいなあ。
[PR]
by chutaro116 | 2005-04-23 02:00 | 芝居

韓国式サウナ・・・

東新宿の女子専用韓国式サウナへ行った。

とてもきれいな建物。

ハンジュンマク・チルチルパン

聞きなれないサウナやオンドルルームが
網羅されている。

仕事の都合で3時間しかいられなかったけど
6時間コースだと、かなり充実した時間がすごせそう。

なんといっても
オンドルルームで、ストレッチの大きいボールで腰を伸ばしたり
だらだら~とおしゃべりしたり
本当に日常から隔絶されて、まるで別荘に居るような感じがたまらない。

それに、薬草の蒸しサウナは
横たわると、下が石になっていて
じわじわと汗だくになってくる。

蒸された白菜みたいにからだから
水分が出てくる。
薬草作用で、身体の毒素が出て行くらしい。

そして肌は全身すべすべ。

お~~~~。

そして建物はきれい。

これで3時間1500円程度。

6時間でも2100円。

バレエのワンレッスン分以上は軽く汗かくので
1レッスンと思って週一回通えば
アトピーも治りそう。

そして身体のリズムも整ってきて
ちゃんと夜眠くなり
朝はちゃんと起きられる。
(暖かいからかな)

世界も東京も広いのね、と改めて思った。

それにしても大きなボールも
すごく良かった。

腰が伸びて、血行が良くなって
あっという間に眠ってしまう。

お勧め!!
[PR]
by chutaro116 | 2005-04-22 01:33 | からだ

身体で覚えるがいこくご

特にアジアに興味はなかったけど
仕事で韓国の人たちとの交流の日々。

必然的に「ハングル」を使わないとならない。

言葉って、本当に本当に大事な道具。

もちろん、言葉と相手が存在して初めて成り立つ
コミュニケーションもあるけど
言葉をもっともっと理解し合えていれば
通じなくて抱える不安や、逡巡が消えて
多くのことを解決する時間が短縮されると思う。


かなり昔にマレーシアに(生まれてはじめての海外)ロケに行ったとき
到着したその夜にカメラマンの岡さんに連れられて
現地のお友達の家の歓待を受けた。
食後、家の前の路地で遊んでいたら
そこに居たポルトガル人の男の子が「ポーギー、ポーギー」と言って
なんだか判らなくて、結局自分たちのこと「ポルトガル人」のことを指しているのを
私が理解して、相手も私が理解したことを理解した瞬間が
生まれてはじめての異文化交流だった。

お互いにうれしくて
そのときは思わず抱き合ってしまった。(赤面)

すかさず、そばにいた大人(当時私は19歳)に
「羽目をはずさないように」と釘を刺された。

違う文化、違う言葉を理解していくうちに
判ってくることが、本当に素敵だと思う。

韓国と日本の決定的な違いは
大陸と島国ということなんだと
つくづく思う今日この頃。
大体同じ顔なのに、この勢いの違いは
大陸的な迫力や、
地続き。という計り知れない安心感がDNAに入っているんじゃないだろうか。

昨日までで5つのハングルを覚えた。(鳥頭にしては優秀・・と自画自賛)

基本の
「アンニョンハセヨ~」(こんにちわ)
「カムサハムニダ~」(ありがとう)
「チョンマネヨ~」(どういたしまして)
「アンニョンヒガセヨ~」(さようなら・去る人に)
「アンニョンヒゲセヨ~」(さようなら・残る人に)
「スゴハショスムニダ」(お疲れ様でした)

で、ひと文節も。
チョヌン ●●● ルる チャオハスムニダ
(私は ●●● が 好きです)

これは使えます。

もちろん英語もがんばらないといけないのだけど。

同じ言葉を使うもの同士でも
深く理解するのは時間がかかったり
時間をかけても駄目だったり
相性の良し悪しとか決定的にあったりする。

生物学的に違う生き物でも
感情が通じることもある。

反日感情が髣髴している今だけど
せめて今、私が居るところだけは、
理解しあえる場所にしていたいと思う。
[PR]
by chutaro116 | 2005-04-19 03:16 | からだ

そうじじごく

3月の芝居で死ぬほど忙しかったため
家の掃除ができなかった。

今になり、埃やらハウスダストのアレルギーが勃発して
とても大変なことになって
布団も捨て、衣類も半分以上捨て、
クローゼットに入っていた浴衣とか楽屋着とかぞうりとか
動きの少ないものをドカドカ捨てた。

ゴミ捨て場は大変なことになってる。

かなりすっきりして気持ちいい。
寒いけど。

あと10年使った掃除機のノズルがぼろぼろになり
破壊したので、掃除機を購入。

古いほうもまだ使えるのでロフトの上と下の部屋で使い分け。

HITACHI製品はモーターが丈夫なんだそう。

ただ、ノズルはもろかった。
それにいろんなものを誤って吸い込み、
詰まって途中からホースを切ったり(奇行・・)
いろんな試練を与えてしまった。

うちの掃除機はかなり激務に耐えていただくことになる。

私は掃除機の掃除が大好きで、掃除機をかけないとぐったりしてしまい
埃が大嫌い。
隙間の埃がひとつも見えなくなるまで、吸い込み続ける。

今度の東芝製は大丈夫だろうか。
ノズル、壊れないでね。

掃除のできない生活はもういや。
[PR]
by chutaro116 | 2005-04-14 03:06

さくら

桜が咲き乱れている。

おお。

そして強風。
なぜ、毎年桜が咲くと翌日は強風か雨になり
桜は早々に散ってしまうんだろう。

今年は寒かったけどもしかして
桜的に考えて
一週間くらい遅く咲いてみれば
雨とか風にあわないかもね。とか言って
遅くさいたんだけど
やっぱり強風だった。のではないだろうか。
哀れ・・。
儚い・・。

桜は風に舞って散る。
運命というか、セットなんだね。

本日は久々にピラテスに行けた。

腹筋のエクササイズの途中で眠ってしまった。
「危険です」と注意された。

確かに。

いわれた形とまったく違うポーズをしていたり
もう、ヘロヘロだった。
先生ごめんなさい。

でも気持ちがいい。体の重心が激しく後ろになっていた。

もう徹夜はしたくないな。

先日水城さんが教えてくれた「野村醤油」
なんと配達していました!!

どうしよう。注文してしまおうかな。

余ったらもったいないけど本当に美味しいからなあ。
[PR]
by chutaro116 | 2005-04-08 02:00 | からだ

しあわせ

休みも今日で終わり。

明日からはまた怒涛の現場。
なんにつけ、頑張ろう。

今日は自分にご褒美デー。

午後1時
アイ文庫アトリエにて水城さんのスペシャルランチをご馳走になった。
「へしこ丼昆布だしかけ」「勝山水菜」「福井県特性醤油」
海外暮らしの後の和食のような感動、
京都の料亭のお昼のような上品な昼食だった。勝山水菜は初めて食べたけど
真冬に雪の中で栽培されるらしい。本当においしかった。
水城さん、ご馳走様でした!!!だいしゅき。

午後3時
以前から気になっていて、でもまだ誰も行ったことがなかった若石サロン
足裏マッサージ初回半額コースの施術を受けに

64箇所のツボを聞きつつ、頭脳を使うつぼの親指が凝っていますね~といわれ
納得していたら深く眠ってしまった。

気持ちよかった・・。
痛くて回らなかった首が、クルクル回るようになった。
体のごみを出してしまう作用もあるらしい。
早く出て行ってちょうだいね。

午後5時
銀座の鄭一診療所へ。
背中のしっしんを見てもらったら「ご苦労様でした」と言われた。
漢方薬もどっさり出してもらったので
これであと2ヶ月の現場を乗り切るべし。

ここにはマッサージの部屋もある。

足だけでは物足りず、先生に「マッサージ20分やりたいです」と訴え
施術をうける。

手早くさささっと要所をほぐしてくれ、ゆがみもジンワリと直してくれた。

背中が硬いと横隔膜が自由になれず、呼吸も浅くなってしまうそうだ。

あれほど呼吸を意識していたのに先月後半は呼吸のことすら
考えられなかった。
今はおかげで、はっきりと呼吸が自覚できる。

午後6時30分
銀座教文館のナレニア国に行ってみる。

どうも癒しを積極的に味わいたい自分の本能に従う。

ここは児童書の専門コーナーなんだけど
図書館のようなつくりで
くつろげるし、ほんの種類が本当に多種多彩(でも児童向け)
幸せ感満載だった。

「しじみのうたごえ」だったかな、まもなく発売予定の絵本を読みふけった。
魔法使いのおばあさんと飼い猫のトラジが(二人とも関西人)味噌汁の具にしようとした
しじみに情がうつり、最後はシジミたちと浜辺で暮らすというファンタジー。
ちょっとなきそうになった。

ここで「坂田寛夫詩集」を購入。
坂田寛夫さんは最近お亡くなりになった詩人。

「さっちゃん」の歌の作詞家なのだけど
言葉がとても豊穣で衝動買い。

夜7時24分
シネスイッチ銀座で「いぬのえいが」を衝動観。

私は犬は富良野塾時代に共同で飼っていた以外
飼ったことないけど
映画のラストではもう、号泣号鼻水状態だった。
映画としてのつくりも非常に新しいし
かといって奇をてらっているわけでもないし
動物ものは必ず泣くとはいえ
ノックアウト。(とくにマリモ編)
個人的には川平慈英編も好き。
彼は実はとても芝居のうまい人だと
舞台を見るたび思うけど映画でも
(ミュージカル俳優の役だったが)
十分面白かった。

夜帰宅。

猫を甘やかして遊んでいたら
食べ過ぎて吐いてしまった。
ご、ごめんよ。
[PR]
by chutaro116 | 2005-04-06 04:16 | からだ

楽しい

少しの間休みになった。

今日もあるはずだった仕事がキャンセルになって
残務処理ができるのでそれはそれで良かった。

昨日、今日と友人と会い続けている。

昨日は藤田かおるちゃんと下高井戸でご飯を食べた。

下高井戸商店街はのんびりしていながら
活気があり、野菜が激安でお魚も豊富で大好きな町。

たつみや(居酒屋)のはす向かいのパン屋
食パンを購入。
2斤だったので1斤づつかおると分けた。

焼きたてのパンはほんわかとあったかかった。

ものすごく幸せな温かさだった。

土曜日の午後の町にはなんだか善意だけが行きかっているような
穏やかさに満ちている。

なんだか幸せだね、といいながらパンの袋を抱えて
商店街を散歩した。

夜は文学座の木津君とその仲間&森池さんと桝谷君と
高円寺の沖縄料理のお店で飲み会。

その中の初対面の岡田君が来週大阪のピッコロ劇団に行ってしまうので
劇団合格祝いと送別会と先日終わった芝居のお疲れ会。

初対面の人が3人だったけど
すごく平和で楽しい飲み会だった。

休みはあと一日。

その後はまた(楽しいはずの)怒涛の日々が待っているので
体力を蓄えつつ、楽しいエネルギーを補給しておこう。
[PR]
by chutaro116 | 2005-04-04 06:27 | foods

異動の季節

いろいろな人が急に異動してしまう季節。

あまりそうゆうこととは縁がなかったけど
この、3月31日は急展開で数人のそれもかなり
心の支えになっていた方々が
別の部署等に異動して、あまり会えなくなってしまう。

私の仕事は基本的には俳優で
俳優の仕事は離合集散が基本なので
そのとき、今その瞬間のメンバーとは
多分作品が終わったら同じように集合することは
ほぼできない。

だから人とのかかわり方に
なんとなく独特の感覚があるような気がするのだけど
辞令の異動のお知らせには
いつも驚いてしまう。

急だから。

千秋楽が来て、さようなら、じゃなくて
「今月31日付けをもって」
を数日前に告げられるから。

確実に終わりがあることを知ってかかわる関係と
そうではない、いつ終わるとも知れない、永遠とも錯覚するような関係では
日々のかかわり方も
相手への気持ちの持ち方も微妙に変わってくると思う。

なるべく、誰とでもその瞬間、濃く気持ちよく関わっていたい。

はあ、今日私も千秋楽を迎えた。

いろんな人たちと「またね」と言ってお別れをしてきた。

出会いにはいろんな意味があると
身にしみて思わされた日々だった。
そしてそんなこと振り返る間もないくらい
時間との格闘で
一日おきの徹夜は過酷だった。

あまりにも濃い40日だった。
死ぬかと思ったけどまだしっかり生きている。

病気もしていないし
倒れもしなかった。

コエンザイムQ10のお陰か。

でも残ってる残務処理。

明日一日がんばる。
[PR]
by chutaro116 | 2005-04-01 04:19

猫や芝居や日常


by chutaro116
プロフィールを見る
画像一覧