<   2006年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ブロークンフラワーズ

映画「ブロークンフラワーズ」を観た。下高井戸シネマにて。


これは、美容院の映画好きの美容師君が「絶対いいですよ!」と薦めてくれたもの。

ジムジャームッシュにしては
珍しい感じの映画だなあ、くらいに思っていたのだけど
あまりに薦めてくれたので観る事に。

ビルマーレイという俳優は
たまに見かけるくらいの人だった。私にとって。

しかし、この人、すごく冷静な役者なんだろうなあ。
そして、とても冴えない初老男性(しかもドンファン/女好き)
なんだけど、ふとした瞬間に
役から離れたらめちゃくちゃかっこいいんだ。と言うことを匂わせる。

映画の感想としては
私がロードムービーが得意ではないことと
今日のランチは知り合い兼友人の劇場制作の人と
中華五目御飯を食べて満腹だった&演劇のホットな話をして
興奮気味だったので、映画館で座った瞬間に
頭がボォっとしてしまい
(もったいない!私は日曜日の映画館と相性がよくないかも・・)
映画に集中できませんでした。
ああ残念。
ジムジャームッシュの映画には、
登場人物が横たわるシーンが結構多くて
一緒に横たわりたくなる気分が沸いてきてしまうのも
集中度が減る(私にとって)原因の一つじゃないかしらん。

しかし、ジムジャームッシュの映画って
とても想像力を駆使させられて
自由な感じがするのだと初めて思った。

感情移入とか、そうゆうわかりやすい次元で
観る映画ではなくて、
ものすごい距離を置きつつ
主人公を観察するような映画でした。

実際、私にはドンファンの初老男性の気持ちに
感情移入するなんて不可能だ。

感情移入したくもないし。プププ。
あ~あ、お気の毒様に。と突き放してみてしまう。
楽しんだんだからしょうがないよね~と。

ジャームッシュが流行ったころ
(「ストパラ」とか)
スタイリッシュすぎて実は全く、判らなかったのだ。

今回の映画は、ラストシーン含めて
「渋い!」
格好悪いことと思われているようなことに
ヒトの本質が隠れているんだわ。と
思わせてくれました。

その帰り・・・。

世田谷線の線路脇で
花の絵を描くおじさんと
1時間以上立ち話をしてしまった。

身体は冷えたけど
ちょっと面白かったです。

ところで、
私はおじさんの受けがなぜか凄くいい。

別にこれは少しも嬉しいことじゃない。
ただ、年配者の言うことはちゃんと聞いてあげないとな、と
思ってちゃんと聞いてしまうので
というか、あしらう、なんて事は失礼だとおもうのだ。

そこに恋愛感情なんかあるはず無いのに
勝手にあることにされるらしい。それも急に。

でもそれを知らない、気づかない人からは
「俺に気がある。モノにできそうだ。」と
勝手に判断される。らしい。

独身者、妻帯者、高齢者拘らず・・。
人間の欲望って底知れないのだ。
安心できないのだ。

まあ、それについて神経質になっても仕方がないし
ある程度は仕事上円滑に進めるために
必要なこともあるから
(本当にその人を尊敬して、大好きな事だってあるわけだし)
こころを広く持つように心がけているだけなのに。

でも、話を聞くにしても相手を選ぶ、ということが大事なんだと
最近よく判った。
もっと自分を守ろうと珍しく思った。

人間は結局欲望というものを抱えた
時に怖い生き物であると言うことも
なんだか判る・・。

だから面白いんだろうケド。

話題、もとい。
おじさんは「花船長」と名乗り
地元に住む絵描きさんで
ゆくゆくは映画も作りたいという夢を抱いていました。

こうゆうヒト、海外に行くと沢山居るんだけど
日本だと変人て思われてしまううだろうなあ、とおもいつつ
なかなか切り上げることの出来ない、
自分のヒトの良さというか
気の弱いところも反省してしまった。
(寒かったので早く帰りたかったんだけどね・・)

でも、すごく人生について
ヒトについて考えさせられてしまった。

夢を持って生きるって言うことは
至極当然で
当たり前のように人に与えられている
たった一つの平等な権利かも知れないのに
その事もままならない、許されない世の中だったりするのかなあ。

夢を持ったおじさんは夢に満ち溢れていたのに
なんだか、この国全体を覆う
「夢なんかもってるとろくな大人になれないよ」みたいな
空気感についなんだかため息をつきたくなりました。

映画からも現実からも
今日はヒトの人生について
考察する日だったみたい・・。




絵かき
[PR]
by chutaro116 | 2006-09-25 01:12 | 映画・ドラマ

立体

昨日のバレエのクラスで
陰影のお話をしてもらった。

踊るとき、演技をするとき
舞台に立つ時、
身体を立体に使うかどうか。

筋肉は立体で構成されているのに
自分自身が
その筋肉の動きに無自覚であったり
正しく使われていないと
平面になってしまう。

ということ。

あ~、またまたひどく納得。

動きを理解できないままに
無闇に動かしても
筋肉は固まったまま
平面的に動くだけ。

そこには、身体の思いや
表現に繋がるからだの意思が
無視されたままになっている不器用な物体しか
存在しないのだと思う。

そのためにすること。
が、沢山ある。
レッスンとか自分でストレッチとか。
[PR]
by chutaro116 | 2006-09-25 00:47 | からだ

忠太郎ギャラリー

久々に一挙更新しましたぁ

こちらからどうぞ


忠太郎ギャラリー


b0062522_182493.jpg

忠「新しいボールを買ってもらって一晩だけ楽しんだの。」

飼い主「一夜限りですか・・・・(涙)」

忠「うん。飽きたの」

飼い主「そう・・・(心で号泣)」
[PR]
by chutaro116 | 2006-09-24 01:10 | ペット

秋分の日その2

クラスが終わり、
新宿駅まで徒歩で帰る途中
綺麗な緑が目に入りました。

お~、お昼間の新宿御苑!
滅多にこの時間に通らないのでいつも閉園しているのだけど
今日は、門も開いているし
人も沢山。

ついふらふらと入園料200円払って入園してみた。

改めてとても広いことに気づく。

モウ10年くらい前に行ったきりだった。
そのときも半分しか回っていなかったのだと今日知った。

綺麗な日本庭園、背後にそびえるビル。

お~東京のセントラルパークだ。

緑も沢山だし侘び寂も盛りだくさん。

昼間時間があるなら、是非お勧めです。

どんぐりも落ちてるよん。

b0062522_0453994.jpg



b0062522_047129.jpg


b0062522_0473243.jpg


b0062522_0475975.jpg


b0062522_0483916.jpg


葉っぱ集めた~
[PR]
by chutaro116 | 2006-09-24 00:48

今日は秋分の日!

見事な秋晴れの一日

今日は朝から新宿御苑付近で講師のお仕事。

いつもは広いスタジオで身体を動かしつつ
いろんなエクササイズをするのだけど
本日は、場所が無くて収録スタジオの
会議室のような場所でのクラスになりました。
場所が小さいと言うことで
事務の方から授業内容を心配してもらっていたのだけど
生徒さんが少人数(5人!)だったことも在り
私も随分新鮮にクラスをすることが出来た。

ナレーションや、朗読等を中心に其々の発音や滑舌をチェック!

私はこの手の事(日本語発音)を誰かから習ったことは一度も無くて
英語の発音のクラスで鍛えられた舌の位置や
口の中についての感覚で殆ど、マニアのように
自分の発音についてしつこく練習したりしていた
事に、今日気づいた。


勿論今年通っているスタジオレイでも母音の位置を確認したり
発音について色々教えてもらっているが
自分の研究があればこそ
習ったことも身につくんだと本日、感じ入ってしまった。

私が日本語の発音とかを人に伝えるなんて
恐れ多いのだけど
今日クラスをやってみて、自分の勉強に相当なった。

自分の音も気になるけど
人の発音もしっかりと聞くと
まあ気になる気になる。

しかしこればっかりは
本当に自分の口の形と舌の形を
知り尽くさないと進歩の道はないと思う。

英語には発音記号があって
私は英語の発音クラスに通い
(本当にいい先生に出会えたのですね。日米会話学院のBITO先生)
初めて発音記号を教えてもらい(大田区の学校では教えて貰えないのですよ・・)
これが日本語の発音にも非常に役立ったのだけど
日本語も解体して発音記号でも作ったほうがいいんじゃないかと思うくらい
今人々の口の形も、しゃべり方も多様化している気がする。

国語又は道徳の時間に
「正しい日本語発音」というクラスが出来ればいいのになあと思った。

そのくらい、しゃべり方には姿勢とか考え方とかが
ダイレクトに反映していると思う。

ついでに「演劇」のクラスも出来れば
引きこもりも減るんじゃないかなと思うんだけどな。

偶然にも、
いつもと違う授業内容をやってみて
発見したことが沢山あってうれしい一日でした。


読書
[PR]
by chutaro116 | 2006-09-23 17:30 | 芝居

祝快晴!

ようやく、低気圧が去って行ったようです。

ほっと一息。

こんなに低気圧に弱かったかと思うほど
おも~く1週間を過ごしていました。

今日は久々に気分も身体も気持ちが良いです。

不思議と映画も芝居も観に行きたいとか思えなくなるほど
調子が優れない状態。

スタジオレイのヴォイスのベーシッククラスに行ったら
クラスメイトもみんな調子悪かったと言ってました。

まあ、調子の良し悪し問わず
お仕事はしなくてはいけないわけだし
生きることを続けなくてはいけないわけだし
自分と付き合う、ということをきちんと考えて
自分の身体って自分のものだけど
魂の借り物、とでも思って
色~んな出来る限りの事を知恵を絞って
生活をしようと思う本日です。

と色々思って、過去のブログを読み返したら、
なんとちょうど一年前に書いていました
「低気圧との戦い」
去年はちゃんと対策を考えて入浴法を実行しているのに
今年は、ただただ不調を訴えていた自分・・・。

進歩があるんだか無いんだか・・・。


退化だけはしたくないと思う。

塩風呂に入っておこうと思う。
[PR]
by chutaro116 | 2006-09-21 23:29 | からだ

気圧

低気圧&台風 続進中です。

湿気も多く。

こんな時はどんなお仕事の人も
身体、重たいのではないでしょうか。

スタジオレイのページにとても参考になることが書いてあります。

ここ数日、ものすごい肩こりで貧血で酸欠のような状態です。

原因はわかっているのだけれども、
気分の爽快さが持続しなくて
非常に困ったりします。

おそらく自律神経をどうにかしたほうがいいのだと思うのですが・・。
季節の変わり目ですからね。

慎重に自分の身体に向き合いたいと思います。

やや曇り
[PR]
by chutaro116 | 2006-09-19 02:26 | からだ

お茶

先日初めてのお茶のお稽古の見学に行きました。

NYから帰国中のお友達の紹介で
神楽坂にある、うなぎ屋さんの地下のお茶室で
初心者向けのお稽古をしてくださるということで
まず初めてでしたので、見学に行きました。

そのお茶室が見事で
「は~落ち着く~」
灯りも明るすぎず。
つくづく、私は日本人だなあと思います。

茶室と大劇場の楽屋は
どことなくお佇まいが似ていて
急に気持ちが『和モノ』モードに切り替わってしまいました。

思い出しますね。
大先輩の付き人をやって芝居に出ていた時代。

日々緊張の連続。お~~~~~!

あ、でも今は「お茶」のお稽古。

気分があちこち行きますが
新派のお芝居などに
本当に小さい役で出ていたときに
「なんだかちっとも判らない!!焦るばかり!」
そしてとんでもない間違いや無作法の連続で
いろ~~~んな方から怒られたり教えられたり。
でも、ワカラナかった・・・いろんな疑問や答えが
茶道の中に沢山詰まっていて
日舞でも、理解不能でフリーズしていた部分が
お茶の作法の中から発見できそうなきがしました。

日舞のお稽古場にもお茶室があったりしたのは
きっとすべてが繋がっているからなんだろうなあ。

私は自分の柄(体系とか顔)が
和モノ(時代劇とか、現代劇でも着物を着てる人)向きなので
女優の必要不可欠な『道具』として
日舞や三味線を習っていましたが、
そして仕事も役柄も和モノの人が多いのですが
嗜好としては、日舞よりもバレエが好きだったりするので
矛盾が生じます。

和モノのお稽古が恐怖だったリするのです。

バレエは厳しくても感覚的に人格を問わないので好きです。

そう、日本の伝統のお稽古事って
いきなり人格を問う、ような
結構突き詰めた厳しさがあるので
好きな人は楽しめるのかもしれないけど
私は辛くて辛くて・・・・。

基本的に表現は人格を問うものですけどね・・。ふぅ。

でもお茶のお稽古は先生も非常に優しくて
私でもついていけそうでした。

母からも沢山道具を譲られたので
また新しい世界に触れてみたいと思います。

シャッシャッシャッシャッ←(お茶を立てる音)

結局は
何に必然を感じ、どのように自分のものとし
それを生かす仕事をするのか、
ということなんだと思う。

必死に取り組まないとな。と思ったのでした。
[PR]
by chutaro116 | 2006-09-16 18:15 | 芝居

こころ

先日は久しぶりに朗読の収録でした。

今読んでいるのは「こころ」
夏目漱石の「こころ」です。

たしか7月に読んで以来。

8月に北海道に行ったり
今月は企業VPの撮影とかあって
時間的にも、心理的にも
とても落ち着きがなくて
ちょっと、いや、かなり不満足な出来でした。

声と言うのは、自分のそのときの状態を
まともに影響を受けてしまうのです。

仕事をすると言うことは
ただそのことだけをすればいいのではなくて
いろ~~んなことが発生してくるわけで
よほどタフに自分を鍛えておかないと
本当にやりたいことに
こんなにダイレクトに影響してしまうことの
怖さを身を持って実感しました。

あ~、初心に戻ってしっかりと
作品に取り組む態勢を整えたい、と思う今日この頃です。
[PR]
by chutaro116 | 2006-09-14 16:05 | 朗読

忠太郎一日観察記

忠太郎が帰還して5日目。

まだ・・・・肥ってる・・・・。

お腹から下が人間のおじさんみたいだ。

すぐにバタっと倒れて心配させる。
でも普通の事らしい。

どうやら忠太郎は私と暮らしている間は
家猫でありながら、外猫よろしく
活発な感覚をもって毎日を過ごしていたが
実家に行き、団地の8階の為、
外に居る野良猫ちゃん達が
かなり感染症的な症状を持っているので外出を禁じていた為
すっかり外の音や刺激を忘れてしまったようで
アパートの階段や廊下で遊ぶことが好きだったのに
虫の音や鳥のささやき程度の音に驚いて
帰ってきてしまう。

一緒に外に出て
忠太郎と同じ気分で耳を澄ますと
この辺りの秋の音の豊かなこと。

富良野ほどではないが
家に戻ると静かに感じるほど
自然の音に溢れている。

それが忠太郎には少し恐怖なんだそうだ。(そうゆう態度をするのだ)

9ヶ月違う暮らしをする、そのことが
生き物にどんな影響を与えるのか
怖いほど判った。

判ったけど少しづつ
生き生きした瞬間を取り戻す忠太郎に
生き物のたくましさを教えてもらえる。

笹の葉の若葉は好物だったけどずっと食べて居なかったらしく
今日摘んできたら一揆食いしていた。

リバース(食べたものを戻す行為)するかと思ったら
しっかり胃で消化しているらしい。

薬効も期待できる。猫ダイエットにいいのかしら・・。

アパートの階段を下りていく後姿を見て
明らかに対象物との関係が
以前と違う、と確認。
ウエストを測らしていただきました・・。
48センチ・・・。う・・・。
猫の胴回りとは思えない・・・。

暫く全身写真の公開は控えさせていただきます(マネージャー談)

少しずつ、少ずつ、思い出していってね。
[PR]
by chutaro116 | 2006-09-10 20:15 | ペット

猫や芝居や日常


by chutaro116
プロフィールを見る
画像一覧