<   2007年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

初日があきました~

皆様。

「はあたろう物語」の初日が開きました。

伸び悩んでいたお客様の数もぐんぐん増えて
ほぼ満席に近い状態でした。

おまけに、中村部屋の親方とおかみさん。
ステキな力士の面々もいらっしゃいました。

今日来ていただいた皆様に感謝です。

やはり舞台はお客様の視線や呼吸や
空気感が役者達の呼吸や登場人物に
稽古場で培ってきた芝居に更に躍動感や新しい命を与えて
下さるのだと、改めて思った。

そしてそこから生まれる何かしらの呼吸が
『間』なのかもしれないと思った。

『間』は明らかに、立体的な空間を俳優が全身で感じて
微細に表現しうる、無言の瞬間だったり、瞬間の積み重ねかもしれない。
私なりの今日の解釈だけど。

そして『間』こそ、理屈ではなく全身全霊で俳優が掴み取っていくものなのかもしれない。

そして今日は、今村昌平監督の1周忌。
1年が早いです。
お相撲が好きだった監督が、
天国で観てくださっていたと思いたい。

「はあたろう物語」あと4日間です。
是非いらしてください!

今日のお客様ありがとうございました。
感想、聞かせてくださいね~。
[PR]
by chutaro116 | 2007-05-31 03:04 | 芝居

稽古場最後

とうとう稽古場最後の日

稽古場最後の通しと、装置の転換稽古。

小道具衣裳はすべて積んでしまったので
私個人的にはせりふをさらって
改めてせりふに忠実に丁寧に稽古に挑んでみました。

すると新たにまだまだ不十分な未消化なところが
自分で判って、焦る。

まだまだ、頑張らないと。

稽古は早めに終わり
髪を切りに行きました。
半年振りの美容院でここ数年
年2回しか美容院に行っていない私。
本番の直前にしか髪に気を使わない私。

そして生まれ変わった鏡の中の私。
少し外界バージョンです。

女子として女優として
もう少し身だしなみに気をつけなさいと
今回の役について、
「こうでこうでこうだからこうしたい」という要望を
ちゃんと形にしてくださった、優しい美容師の波多さんが
笑顔の向こうでこっそりささやいてくださった気がします。

頑張ろう。
[PR]
by chutaro116 | 2007-05-28 01:23 | 芝居

音楽稽古

今日はオカリナ奏者の善久(ZENKYU)さんが
初めて入っての稽古でした。

この「はあたろう物語」のために作ってくださった音楽を
シーンごとにあわせていく稽古。

この音楽がものすごく豪勢なのです。

オカリナだけと思っていたら
様々なパーカッション楽器が入り
美しかったり、楽しかったり可笑しかったり。

一気に芝居の立体化に加速が付いていきます。

そういえば最近私はず~っと生演奏の何かと一緒に
作品に出演しているような気がします。
生演奏ってとても贅沢でスリリングです。
楽器の音によって芝居の感じ方もぐっと細かくなってきます。

明日が最後の稽古場の稽古。

さぁ!張り切っていこう!
[PR]
by chutaro116 | 2007-05-27 00:43 | 芝居

稽古場にて。

『普段日常では俳優の誰でもが傷つきやすいし、
平気で人を傷つけるのに、舞台にあがると急に鈍感になり、
傷つけられているのにショックを受けないし
傷つけようとせずにいい人でいたがる』
『日常は多少鈍感なくらいでいいけど、俳優は舞台に乗ったら多情多感であるべき』
『すべての登場人物のこころには、疾風怒濤の嵐が起きているはず』

以上演出平石さんのことば。

こころのメモ帳と現実のノートに
そしてここに、
しつこく書いて、自分に言い聞かせています。

だんだん面白い芝居になってきています。

随分とこえられない壁を感じつつ
楽しんでいます。苦しんでも居ます。

初日まであと正味4日!
ひゃー。

「はあたろう物語」
いい話ですよ。
是非是非観にいらしてください!
[PR]
by chutaro116 | 2007-05-26 01:40 | 芝居

不思議で怖かった夢

今朝方、歯が抜ける夢を見ました。

稽古をしている場所の洗面所で
歯磨きをしようとしたら、カツンと口腔内に異物感を感じ
ペペっとしたら口の中からボロロンと歯がおちてゆくではありませんか!

落ちた歯は、洗面台の排水溝に落ちて
1本だけ、手で受け止めました。

そして、鏡を見ると小学生時代
乳歯が抜けて、永久歯になる前に見た
歯が抜けている自分、いやそのときよりも
もっとはが抜け居ている自分が映っているのです。
前歯は1本、左半分は殆どありません!O~!

「ほのままひゃ、へひふがひえはい」
(このままじゃ台詞が言えない)
と呟き「はいひゃはいひゃ」(歯医者歯医者!)と
焦っていると、なぜか演出の平石さんが
悠々と私の前を歩いています。
「ひはいひはん、ははふへはひは」(平石さん、歯が抜けました!)
「う~ん。大丈夫大丈夫!歯医者行けば」
演出家の余裕なのかそれよりもっと大変なことがあるのか
余り気にしてくれません。

私は、もっと歯磨きを沢山して置けばよかった。
硬いものを食べ過ぎたのかな。
とか夢の中なりの反省をしています。
私の前から消えてゆく平石さんを見つめ途方にくれていると
やっと目が覚めました。汗だくです。

「良かった~夢で!」
寝たまま、舌で歯の存在を確認しました。

前の晩、おじやをチリレンゲで食べていて、
チリレンゲが前歯にコンと当たったので
「こうゆう時に歯が欠けちゃったりするから気をつけよう!」と
思ったのです。
こんな折に必ず、前いた劇団1980のI先輩が
ガムテープを歯でちぎろうとして
前歯が欠けてしまった悲しい記憶を克明に思い出します。
そんなことを考えたので、激しく夢に出てきたようです。

あ~。本当に歯は大切にしよう。

余りに気になったので夢占いのサイトを見て見ました。
いいんだか悪いんだか判らない結果でした。

そういえば、カルシウムと思ってきびなごも食べたな。
魚沢山食べよう。


夢占いの結果

歯の夢
仕事運が上昇しています。歯が抜けている夢でも同じです。
ただ、歯が抜けている夢はただ単に口の中が気持ち悪い時や、疲労がたまっている時、胃が悪い時にも見ることも多くあります。


歯が抜ける
圧倒的に多くの人がみる夢です。歯が抜けるのは変化の暗示です。歯は夢主の生活基盤や基礎になっている人間関係を象徴します。
主に夢主の生活や健康状態を暗示しているのですが、時に家族や知り合いの病気や不幸を暗示している場合があるので注意してください。

[PR]
by chutaro116 | 2007-05-22 00:10

最後の休日

今日が稽古最後の休日。
明日から千秋楽まで一気に時間が駆け抜けていきます。

芝居の稽古中って本当に時間の流れが普段と違うし
いろんな事の感じ方も違う。

自分であって自分でない不思議な感じで時間を過ごしています。

明日からの稽古で作品はドンドン仕上がっていくようです。

きっと終わりは無いと思うけど、
必死に試行錯誤を続けて、作品に命を宿らせたいですね!

はあたろう物語 ~相撲界「中村部屋」の物語 ~

初日まであと10日!
[PR]
by chutaro116 | 2007-05-20 22:13 | 芝居

ハープと共に

今日は小金井市東地区会館というところで、
ハープと朗読の会に参加してきました。

ハープの堀米さんの演奏の合間に
朗読作品を2つ。
中原中也の詩と、しずくまち♭のナカヤマカズコさんのモノローグポエトリー。

お客様は60代から94歳までの方で
地域でいろんな文化活動や
課外活動(ズーラシアへもいかれるようです!)
をなさっているグループで、皆さんとてもお元気で、
とても近い距離で、
とても暖かく、とてもしっかりと聴いてくださっていました。

暖かい拍手と言葉。
ああ、どれだけ嬉しいことでしょう。
会館の方も、親切でした。

もっともっと頑張ろう!と元気をいただけました。
ありがとうございました。

そして夜は稽古。
どうしても食べてみたかったラーメン屋さんに駆け込み
「チャーシュー丼」をかき込んで稽古場に向かいました。
なんと、ご飯がラーメンどんぶりに一杯入ってます。
流石の私が少し(10粒くらいだけど)残してしまいました。ごめんなさい!
[PR]
by chutaro116 | 2007-05-17 22:17 | 朗読

婦人警官

稽古場へ行く駅を降りたら
駅前のロータリーで
警察官が何かのキャンペーン?で
沢山立っていました。

(交通安全と思われるけど)

そして、何と婦人警官の方も発見!

今回婦人警官役なので街中で婦人警官を探しているのだけど
なかなか出会わない。

まあ!嬉しい!と思って
通行人の振りして前をうろうろあるく
とても不審な私。

そして「は、聞きたいことを聞けばいいのだ」と思い
直接婦人警官さんに
「今度芝居で婦人警官の役をやるんですが、お尋ねしたいんですが。
あの。髪は皆さん短いんですか」と拙く聞くと
はきはきと
「はい!襟元に付かない程度の短髪と決められています。
私服の場合には長ければ束ねますが、大抵は短いですね」と
無駄なく、はっきり教えてくれました。

そして笑顔で「頑張ってください!」と見送ってくださいました。

すごい。出来た人だ。

頑張ろうと思う。
[PR]
by chutaro116 | 2007-05-17 01:40 | 芝居

案内発送

ようやく今日「はあたろう物語」の案内発送が終わりました。

いや~、今回はてこずりました。

案内文を書くにも、書きたいことが多すぎて
字が小さくなりすぎて、
「万人が目がいいわけじゃないのだ」とダメだしをされたり。
こうゆう時は個人事業者みたいなものだから
客観的なご意見は非常に貴重です。ちょっと泣いたけど・・。

毎回案内発送は大変なんだけど
友人知人の数が
やはり年数を追うごとに増えてるということに
嬉しく驚きました。
芝居自体が久々なので、この作業の膨大さの感覚
なんとなく忘れておりました。

数年ぶりにお手紙を出す人もいて
一言しかかけないけどメッセージを書いていると
200通近くある封筒、一体いつ終わるんだろうと
途方にくれたこともありましたが
協力者も現れ、無事終了。
Yさんありがとうございました!

後は稽古に励み、ご来場を待ち望むばかりです。

稽古は熱く進行中です。
今回はいろんな年齢、キャリアの人が参加しています。
其々いろんな刺激を与え受け取り、物語を立体化させていきたいです。
お待ちしています!

追伸
平石耕一事務所のHP
平石さんが非常に興味深いレポートを
発表しています。
良かったら覗いてください。

「連載読み物 平石耕一による『戯曲の書き方』」
[PR]
by chutaro116 | 2007-05-16 00:58 | 芝居

はあたろう

大相撲が始まりました!

今回の芝居に関わったおかげで
相撲もニュースが楽しみです。

稽古は本番2週間前をきりました!

おおお~。

日々の緊張感がぐっと高まってきました。
戯曲も完成しました。
いいホンです。泣けます!。
是非観て頂きたいと思います。

そして
私の今回の課題、声を大きく。
今までそれほど小さいと思わなかった声。

周りの舞台俳優の人たちと比べると
恐らく細いのです。

たっぷり寝て、声帯を太らせないと。

夜更かししている場合じゃありません!
[PR]
by chutaro116 | 2007-05-15 03:48 | 芝居

猫や芝居や日常


by chutaro116
プロフィールを見る
画像一覧