<   2008年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

月末劇場を観る

今日は東京乾電池の
「月末劇場」「弱虫たちの啖呵」を観に行きました。

たった55分の上演時間なのに
濃密に登場人物たちが生きていて
描かれていて、
テンポも凄く良くて、面白かったです。
出演者の皆さん(3名)最高でした。

気の弱い人たちが集まって
啖呵を切る、というシンプルなお話でした。

外は雨だったけど、
すごく「あ、私も気が弱い」と共感して
気持は晴れました。

明日までやってます。
面白いのでお薦めです。
[PR]
by chutaro116 | 2008-05-31 23:19 | 芝居

雨で思い出すこと

スッカリ勘違いをしていたのですが
今村監督が亡くなって
今日で2年目。
3回忌です。

明日だと思っていました。

あの日も、同じようにお天気が雨模様で
私は失業中でバイト探しで、
都内をうろうろしていました。

丁度監督が入院されていた病院の近くの
携帯電話のお店で、電話を充電したりしていたのです。

今日も、偶然にもまた新宿に居ました。
今日はバイトは探さないで、
ちゃんとバイトしていたのですが。

今村監督に逢いたいなって、思います。
[PR]
by chutaro116 | 2008-05-30 23:11 | 映画・ドラマ

菩薩様

国宝薬師寺展。
行って来ました。

本降りの雨だったのに
ものすごい人出で、入場まで傘を差して40分待ちでした。
スタジオレイの先輩達や仲間数人で出かけました。
長い行列も仲間が居れば楽しい時間に。
あ~一人で来てたら寂しくて帰ってしまった事でしょう。
仲間はありがたいですね。

私は事務所の大大大先輩の市原悦子さんのイヤフォンガイドを聞く、
と言うことも大きな楽しみ&テーマでした。

実は当初この国宝展に、
大きな興味を抱いていたわけではなかったのですが
市原さんがナレーションをされていると言うことと、
一度観に行った方が、日光菩薩を見て感動したと言う話を聞き
是非行きたいなぁという話で盛り上がり
本日のプチ見学会に至ったのでした。

市原さんのイヤフォンガイドは
見事に千三百年前の平安京の世界に
いざなってくれます。

歴史が得意分野ではない私でも
とても判りやすかったですし、
世界観がぐんぐん広がりました。

そして、
メインの日光菩薩、月光菩薩像は
もう、本当に見事と言うか、とても近くで観れるし
大きいし(3メートルくらい)
神々しいことといったらもう・・・。
菩薩のお顔を眺めているとありがたくて、
心が本当に落ち着いてきました。

性別も超越して、人間の世俗も清濁もすべてすべて
ありのままに受け入れ、それについて判断をなさらない。

そんな姿の前に立つと、自分もそうならざるを得ないような
不思議なやさしさに包まれてしまいました。

私の後ろにいたお婆さんが
日光さんの後姿を観ながら
「やさしいね~」と言葉を漏らしていました。

彫像からにじみ出てくる不思議な気に
場内の本当に大勢の人々が
圧倒されるのです。
写真とか教科書で見るよりもずっとずっと
素晴らしいです。

きっと千三百年前も
今と同じくらいの数の人が
この菩薩像を見学しに、
奈良の都へ出向いたに違いない、と
思いました。

もしかしたら自分の前世の誰かが
当時のまだ金色に輝いていたこの像を
観ていたのではなかろうか、
なんて思いも馳せて見ました。

いつもは見れない後姿もじっくりと見ることができる
この国宝展一見の価値あります!!

6月8日までです。

4日からは夜8時まで開館延期するみたいです。

国宝薬師寺展
[PR]
by chutaro116 | 2008-05-29 23:59 | からだ

薬師寺展

明日(本日)は上野の「国宝薬師寺展」に行きます。

市原悦子さんが、イヤホンガイドのナレーションを
なさっています。

楽しみです。
[PR]
by chutaro116 | 2008-05-29 01:25 | 映画・ドラマ

観劇

今日は下北沢に芝居を観に行った。

帰りに郵便局のATMで払い込みをした。

試しに電気とかガスの請求書もここで払えるか聞いたら
なんとできる、とのこと。
その時は、あの一番右端のあまりイラナそうな部分を切り取って
「払い込み用紙口」に入れるんですよ。(と教えてくれた)

今まで、コンビニか銀行か郵便局の窓口だけと思っていたので
機械で出来るだけで、なんか得した気になったけど
持ち合わせが無いので、
「へぇ」と呟いて、ATMの前に立っただけで
帰ってきた。

わざわざ下北の大原方面まで歩いてゆうちょ銀行を探したんだけど
ATMは9時まで使えるので地元でも大丈夫だったじゃん。
なんて、自分に知ったかぶりをして帰ってきた。
コンビには24時間だけどネ・・。

家に戻り、トイレ掃除をしていたら
夕べものすごい私の血を吸った蚊が
まん丸になって、床に近いところを飛びながら
止まっていた。

反射的に軽く叩いたら
果実のような赤い○っとしたモノだけが
壁について、中身の無くなった蚊が
私の手のひらに、ぴたっと張り付いた。

なんか哀れなり・・、とおもったけど
○っとしたものは、夕べ苦しかった私の
分身だとおもうと、
なんだか残酷だけど、爽快だった。

はやいね。もう蚊の季節だよ。
夕べは4匹くらい居たよ。

あ、観劇の感想かいてない・・・・。
[PR]
by chutaro116 | 2008-05-28 23:32 | 芝居

暑かったぁ

今日も暑かったですね。

今日もとあるドラマの撮影の見学に行きました。

外のロケだったので、
本当に日差しが鋭くて、
色を吸収する私の肌は
既に小麦色です。

撮影の見学に行くということは
あまり無かったのですが、
今回見せていただいてる撮影、
本当に面白くて勉強になります。

オンエアーが近づいたら、御案内いたします!
[PR]
by chutaro116 | 2008-05-27 00:58 | 映画・ドラマ

お役立ち情報

枝葉末節が多い私のこのブログですが
たまには、まじめなお知らせを。

芸団協主催の
「現役俳優のためのリフレッシュコース」というセミナーが夏に開催されます。

私はまだ参加したことが無いのですが
池内美奈子さんと言うすぐれたヴォイスティーチャーの
身体は喋る、というWSに4年くらい前に参加して
それが眼から鱗だったのですが、
その池内さんのレクチャーも受けられます。

新国立劇場の演劇養成所の
プロの俳優向けのセミナーという位置づけになると思います。

御興味のある方は
こちらから
[PR]
by chutaro116 | 2008-05-25 01:53 | 芝居

タレント猫ちゃん

今日とあるドラマの撮影の見学に行きました。
そこで知り合った仔猫ちゃん。
人間で言えば、ぴちぴちアイドルでしょうか。
男の子だったけど・・。

愛くるしさにノックアウトです。
仔猫って、なんでこんなに可愛いのぉ。
b0062522_17191056.jpg


仰向けで爆睡中です。
ずっと寝てます。
起きたらしっかり演技します。
大物です。
b0062522_17211366.jpg


少し引きで。
無防備な手先。。きゅ~~ん。
b0062522_17373743.jpg

[PR]
by chutaro116 | 2008-05-24 17:23 | ペット

ottava

オッターバ
時間帯によって、テーマとか変わるのですが、
クラッシク音楽のインターネットラジオです。

知人から教わり、聞いていたら
とある仕事で、DJの森さんとお知り合いになりました。

なんだか、嬉しかったです。

素敵な番組なので是非聴いてください。
[PR]
by chutaro116 | 2008-05-22 00:46 | 休日

キャロットさん

仕事が終わって、
なぜだか今日はそそくさと家に帰ろうとしていました。

次の日が早いわけでもなく
ただお腹がすいていて家にご飯があるので
早く食べたいなという理由だけで。

そこへ同じ町に住むYちゃんからメール。

映画の情報とかを交換しているうちに
なんだか、同じ電車に乗っているような予感がして
「ひょっとして・・」とメールを送るとビンゴでした。

観劇の後だったとのこと。
芝居の感想などを駅で立ち話をしました。

そして、Yちゃんが
「ところで、キャロットさんて閉店した?」と言いました。
キャロットさんという農家さんが昔富良野に居たので
私の脳裏にはキャロットさんの笑顔が浮かんできて、
なんでYちゃんがキャロットさんを知ってるんだろうと一瞬だけ
逡巡したのですが
「ビデオ屋さんの」とすぐに付け加えてくれました。
短時間でいろんな意味でびっくりした・・・。

私はキャロットのおじさんが大好きでした。
おじさんはいつも親切に一緒にビデオを探してくれて
かなりマニアックなビデオもなぜか置いてある、
不思議な魅力溢れるお店だったのです。
ダビングもよくお願いしていて、出演した番組を
資料として提出する時にも、編集に近い形で
ダビングしてもらったりしていたのです。

で、商売っ気が殆ど無くて、
いつもやっすい値段で引き受けてくれていたのでした。
私が邦画好きだと知ると、DVDの付録の本とかをとっておいてくれて
たまにしか行かないのに、それをくれたりして。
ちゃんとお化粧していれば、必ず社交辞令でいい気分にさせてくれました。
スッピンで部屋着の時は、何事も無いように自然に対応してくれました。
でもちゃんと元気の時と、そうでない時はそれなりに声をかけてくれます。
商店主の鏡ですね。

富良野に行く前にチラシを渡して、
帰ってきてからも、
一回くらい行ったような気がしていたんだけど・・。

今月急に閉店しちゃったようです。
情報とか、本当に少なくて、
「にちゃんねる」の地元情報コーナーに書いてあったのですが。
トホホ。

最近本当にビデオもテレビも観ないので
なぜ観ないのか判らないけど見ないので
お店に殆ど行っていなかったのが
凄く残念です。

お店はまだ、DVDとか並んでいて・・・。
返却口だけが空いています。
手紙でも書いて入れておこうと思います。

以前も急に立ち退きで駅前から移転したから
どこかに移動するのかなとか
希望を持ちたいのですが。

私にとってはツタヤで借りる前に「キャロット」へ。
という絶対的なセオリーがありました。
事実必要なビデオは殆どあるのです。
趣味が同じと言うか、おじさんよりも
映画に詳しいバイトのお兄さんがいて
その人のセレクトが秀逸だったのです。
最近では、そう変わっていないのかもしれないけど
原一男監督の「極私的エロス」とか「ゆきゆきて神軍」
等も、15年前から、普通においてありました。
町のビデオ屋サンにです。
当時15年前、原監督に話したら監督でさえ驚いていました。

おじさんは途中足の動脈瘤で入院などもされましたが
無事に退院して、ビデオを通して、
町の人といつも言葉を丁寧に交わしてくれていました。
きっと人と関わることが、大好きな人なんだと思います。
ビデオや映画よりも人が好きだったのだと思います。

おじさんは昔八百屋さんだったそうです。
だから店名が野菜の名前だったのでしょうか。
今となっては謎です。

その話を教えてくれたのは、昔ローソンでバイトしていたときの
先輩の女性で、その方も2年前に亡くなってしまいました。

この町に越してきて、そういえばもう15年以上経ちます。

町としては、何の特色も無い地味な町なんだけど
人と繋がれていたということを、
私はいつもキャロットのおじさんと交流するたびに感じていたのでした。
経済が大きくなっていくということは
小さな経済が成立しづらくなっていくことなのでしょうか。

人とのつながりが消えたら、私達は何を頼りに生きられるのだろうか。
無機質でないものが、忽然と消えるのは、本当に心が痛みます。

おじさんは今何処にいるのかなあ。

本当に寂しいです。

今日は、なんとなく導かれたような気がします。
教えてくれたYちゃんに感謝です。
[PR]
by chutaro116 | 2008-05-21 00:38 | 映画・ドラマ

猫や芝居や日常


by chutaro116
プロフィールを見る
画像一覧