<   2008年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

朗読 ワークショップのお知らせ

お世話になっている
現代朗読協会で今月から12月まで
いろんな種類のワークショップが開催されます。

私は講師ではありませんが、
たまに覗きに行って、皆さんと混じったりします。

以前、某団体の朗読wsと言うものに
生まれて初めて出席ました。
私は朗読というものを誰かから習う、という
感覚はまるで皆無なので、
世間ではどのように朗読をお勉強するのか
興味だけで参加しました。

あまりに古典的なアプローチで驚きました。

う~ん。

お芝居、演技は教わるものではない
という感覚をお持ちの方と、同じ違和感なのか判りませんが
自分で十分確認できるだろうに。
ここでそうゆう御指導しても・・・・。
という感想を持ちました。

録音する機械を自分で持っていて
操作できて、普通に聞くことが出来るなら
自分でいかようにも確認して
前に進むことが出来るのが
朗読の楽しさでもあると思うのでしたが・・・。
滑舌やアクセントは聞き分ける耳を持っていれば
自分でどうにかできると私は信じています。

どうしても治らないのは
その人の個性です。
ほくろや肌質と同じでしょう。きっと。

まあ、私の感想はさておき、
朗読は千差万別で構わないと思うのですが
型にはめてしまおうとする演出家が未だにいらっしゃるのだと
驚きました。

それと比べると、身びいきを差し引いても
水城雄という音楽家、小説家であり
朗読演出を数年来こだわり続けている人の
切り口はかなり斬新で、しかも判りやすいです。

アレクサンダーテクニークなどもあります。
普通アレクサンダーのワークショップは一回で1万円くらいしますので
かなりお徳です。
私はわざわざニューヨークまで行って、アレクサンダーを受講しました。

それはさておき、
講師の安納健ちゃんは、「非暴力コミュニケーション」という理論にも
精通していて、心と身体が整い、表現へ向かっていく。
という筋道が見えやすいプログラムになっています。

この主催者の方々は
非常にお人よしなので営業力が弱く(笑)
せっかく良い企画をしても宣伝力がイマイチで
認知度が飛躍しづらいのですね・・。

少し御興味のある方、お得なミニワークショップなどもありますので
よろしかったら、是非、HPを御参照下さい。

***************************

内容の概略は下記に。

詳細はこちらからHPをご覧下さい。

■お待ちかね アレクサンダー・テクニークワークショップ 11月5日(水) スタート
■12月末までの期間限定企画! 「オリジナル朗読CDを作ろう」 演出を受けてブラッシュアップした自分の朗読を収録しましょう!ボイスサンプルにも。
■演出を受けて飛躍できる 現代朗読〔実践クラス〕 11月11日(火)スタート
■基礎をじっくり身につける 現代朗読〔基礎クラス〕 12月19日(金)スタート
■遠隔指導で在宅でできる朗読教室 在宅クラス 受け付け開始しました
■毎月開催 現代朗読を体験しよう〔ミニワークショップ〕 次回は11月2日(日)、12月7日(日)
■1日で基本を押さえる 現代朗読ワークショップ〔基礎編〕 11月23日(日)/12月27日(土)
■1日で実践力を鍛える 現代朗読ワークショップ〔実践編〕(旧名・職業朗読者育成ワークショップ) 11月24日(月祝)/12月28日(日)
[PR]
by chutaro116 | 2008-10-31 23:24 | 朗読

次の舞台

今月初旬に受けていたオーディションが決まりました。

来年1月に
シアターカイで上演される
「なよたけ」です。
劇作家の加藤道夫さんの代表作です。

実は2000年に、新国立劇場の同じ作品に出ているのですが
最近改めて台本を読んでみて
当時の自分を反省し
もう一度今の気持でこの作品に関わりたいなと思って
オーディションを受けました。

詳細はまだ全部発表されていないようなのですが
本番は2009年1月7日からです。

私は出番が余り多くないので
まだ稽古も本格的に始まっていなくて
実感が湧きづらいのですが
はやく稽古場で皆と混じりたいなと思います。

映画の撮影が終わり
気持を早く整えて次へと思っていたのですが
気持がいろんな事で整理しきれておらず
日々躓きがちですが
とりあえず、1歩進んでいきたいと思います。
[PR]
by chutaro116 | 2008-10-23 01:01 | 芝居

今日の食事byちゅうたろう

今日は
蛾をたべた。
ニャ。
b0062522_0514821.jpg

[PR]
by chutaro116 | 2008-10-23 00:59 | ペット

家庭内別居・・・

暫く、バタバタと落ち着かない日々を過ごしていましたら、
忠太郎が急に寝床を変えました・・。

今まではロフトの上で私の隣に猫ベットを置いて
ずっと、10年間一緒に寝室を共にしていたのに
ある日、ベットを窓辺に移動して、
ロフト階段の下に放置していたら
急にそこに居続けるようになり、
この3日間、口もきいてくれません(嘘)
朝私が起きると、既に下で餌をねだっていますので
隣に居たのか、夜中ずっと新しい寝床にいたのか
判りませんが・・・。

子供が一人暮らしを始めてしまった親のような心境です。(やや誇大妄想)

そんな忠太郎は、腕にあごを乗せ
あごの下に貫禄を見せて、寝ています。

b0062522_0122853.jpg

[PR]
by chutaro116 | 2008-10-21 00:12 | ペット

ねこ

最近寝ぼけることが多く、
間違えて巨大なまま写真をUPしていました。
びっくりされたことでしょう。
すみません。
なんの他意もなく、ただ可愛かろうと思い
写真を載せただけでした。トホホ。

b0062522_0384594.jpg

[PR]
by chutaro116 | 2008-10-13 01:11 | ペット

富良野の冬

富良野の春はテレビで放送されたので
冬の写真をUPしてみまぁす。

これは富良野塾の一番最初に建った稽古場。
部屋はマイナス30度でした。
さぶかった~。
空気は清冽だった。

b0062522_2214159.jpg

[PR]
by chutaro116 | 2008-10-11 02:24 | 日常

民放

普段、
あまり民放のドラマを見ていませんでした。

なぜだか判らないけど
観ませんでした。

本日明らかになったのは
余りにもCMが多すぎて
何を見ているんだか判らなくなるから・・。カモシレマセン。

CMは音が急に大きくなるし
自分にとって必要のない情報をなんで見なければいけないのか。

ドラマを見る代わりに
無理やり情報を押し付けられなくてはいけない
これって暴力ではありませんか???

感情移入していたら急に情報操作されるんですよ・・。
これって・・・。おかしい。絶対におかしい。

60分の3分の1以上は、
CMのために時間を拘束されているなんて
もう、いやいや。
DVDが発売するまで見なくても良い、とすら思うほど
民放ドラマを見るのが苦痛な時間になりました。

私がおかしいのかしら・・・・。
CMのない番組が見たいな・・。

というか、CMを流さなくていいから
スポンサーになってあげる、という企業が居たら
その企業は絶対に株が上がると思うんだけど・・・。
ダメ??

ドラマをみて演技の勉強しなさい、とか
たまに言われることあるけれど
民放に関しては
集中してドラマを見るなんて、無理ジャン。
と思います。

ビデオに録画をして
CMを飛ばしてみるしかないのかなあ。

つまらない小劇場の芝居も苦痛だけど
同じくらい苦痛かもしれない。

私がおかしいのかなぁ。

父親がなくなるまでは
『テレビを見るとバカになるから』と言う理由で
国営放送以外のテレビ番組を
あまり見せて貰えませんでした。

すべてがそうとは思わないし
良質な番組もあるし、
いろんな方々が
一生懸命作っている番組があるわけなので
偏って考えたくは無いけれど
父親の遺伝子をバリバリ受け継いでいたことに
今、改めて思いました。

資本主義と文化は対極に存在しているのだろうか・・。
[PR]
by chutaro116 | 2008-10-09 23:34 | 映画・ドラマ

帽子

NHK総合にて

ドラマ『帽子』が再放送されるとのことです。

とても良いドラマです。

是非ご覧下さい。
[PR]
by chutaro116 | 2008-10-09 01:37 | 映画・ドラマ

b0062522_13542226.jpg

いつもと同じ空で同じ雲なのに、世界が悲しみにみちてしまったように、見えます。
[PR]
by chutaro116 | 2008-10-07 13:54

体験ワークショップに参加

今日は現代朗読協会の
体験現代朗読WS。

私は7時半から起床して、
必死で部屋を綺麗に片しました。

外は
いろんな鳥達がさえずってます。

家の前から自転車に乗ろうとすると、
少し先の道路の真ん中で、
不思議にヒヨヒヨ啼く鳥が
緑色にぴょンぴょンはねる物体を追いかけています。

私がじっと観察していると
鳥は危険を感じて、逃げてしまいました。
でも緑の物体は、動きません。
葉っぱ?と思っても動きが不自然です。(葉っぱにしては)
近くまでいくと、
綺麗な緑色のカマキリでした。

都会の真ん中の
路地の真ん中で、
ちょっとしたファンタジーの世界でした。

(↑昨日ここまで書いて、突然眠ってしまったため、
本日補足訂正しています・・・・。)

朗読WSは、
水城さんのブログで紹介されています。

私はもともと朗読に関しては、全くの独学で
大抵の人は独学かと思っていましたが
結構朗読教室なるものがあるようです。

7月に初めて、一日だけの朗読WSへ行ってみて
演劇より更に朗読に関しては
全くもって混沌とした状態で
アクセントと滑舌以外を理論?で説明するということは
考えられたことはないのだろうか??と
首を捻ることしきりでした。

世間ではどのような指導がされているのかなぁと
今でも思います。

と言っても、朗読教室に通うつもりはないのですが・・・・。

で、現代朗読協会のWSを見学&ミニライブに参加させてもらい、
極めて判りやすく、理論が説明されていて
さらに、何が必要になるか、と言うことも補足されていて
久々に参加してみましたが、ヴァージョンUPされていて
非常に心強く感じました。

普及する為の努力、と言うことは
お金にこだわらない時間を
一生懸命懸けることと同じことなのかもなぁ・・。
偉いなぁ。

参加されていた方も、皆さん個性豊かで頭脳明晰な女性たちでした。

あ~楽しかった。
[PR]
by chutaro116 | 2008-10-06 01:06 | 朗読

猫や芝居や日常


by chutaro116
プロフィールを見る
画像一覧