<   2009年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

暖をとります

愛用のホットマットが壊れたニャン。

まだ1年も使ってなかったニャン・・・・。

ボクが重たいから、壊れたらしいって誰かが言った。
ボクは人語を解するのだ・・(涙)・・。

で、飼い主が20年以上使っている
あんかを使うことにしました。

快適だけどちょっと小さいから
一応遠慮してるニャン。

b0062522_0125856.jpg

この後サンマを貰うつもり。(中央の皿左銀紙の中)

b0062522_0142245.jpg

サンマ食べ終わって満足にゃん。

b0062522_015752.jpg

遠慮してます。
[PR]
by chutaro116 | 2009-01-26 00:11 | ペット

ゆずり葉新年会で思う。

昨日は映画「ゆずり葉」の新年会でした。

既に、打ち上げも終わり、初号も完成して
其々みな、別の現場や生活や仕事に戻っています。

でもね!!
素敵だったのは30人以上が集合したのです!!

中心に動いてくれたのは
ろうの役者達、
福嶋一生君と貴田みどりちゃん
津田絵里奈ちゃんの3人。


で、スタッフ、通訳の方、プロデューサー、ろうあ連盟の方々等々
総勢がわ~~っと集合しました。

すっかり終わった現場の集まりで
こんなにみんなが、
来たくって来る宴会は
珍しいというか、普通ないような気がします。

会の暖かかったこと。

みんなが、ものすごく優しく感じました。

「ゆずり葉」の撮影時は、私は手話を覚えることで必死でした。
他の皆も、普通とは違う状況で、
かなり必死に
でも楽しく仕事をしていたのだと思います。

そして終わってから、改めて実感したことは
聞こえない、というハンディを持った
監督はじめ、ろうの役者達と一緒に過ごした時間に
お互いに必死にコミュニケーションをしていたことと、
いつの間にか、その必死なコミュニケーションは
普段の生活に戻っても、今までよりももっと相手と拘わろう!
と無意識に普通に思って居たのかもしれないことでした。

なぜそんな風に感じたかと言うと、
私が終わってから関わった
ある現場では、普段(芝居以外の楽屋とかで)の会話が
ひたすら「つっこむ」と言うことでしか成り立たないことに
私は表現者として、これは少し、
いや、かなり暴力的なコミュニケーションではないだろうか・・と
激しく抵抗を感じ、自らの心が閉じていった事があったからでした。
(一瞬でしたけど)
他者の許容とか、そんなレベルではなかったのでした。

普段ちっとも見ないテレビを見ると納得するのですが。
バラエティしかやっていないテレビでは、
殆どがボケと突っ込みで会話が成り立っていましたから、
こうゆう文化(?謎)の影響を受けているのだとしたら
少しは納得したのですが、
なぜ表現者が文明(文化なのかもしれないが)に影響されるのか?
私がおかしいのかしら?と
本当に、ひたすら居心地が悪く・・。
ああ、これ以上言うと攻撃になるのでやめましょう。

でもそれは、その現場のすべてではなく、ほんの一部でしたが
恐らく今までだったら見過ごしていただろう
自分が感じた驚きとか、「何で普通に会話が出来ないのだろう」という拒絶感は
本当に舞台に立つ以前の人間性の問題になってしまうので
折り合いをつけることが大変でした。

恐らくそこだけが特殊だったり、
極端に私が神経質だっただけなのかも知れませんが。
(年を取った、とも言うかも・・)

新年会の二次会で私がこの話をしたら
あるスタッフの女性も共感してくれてました。
良かった~。

そこで「ゆずり葉」です。

とある他のスタッフが話していました。

聞こえない監督はじめ役者の彼らは
とにかく優しい。
相手を理解しようと言う前提で接する為か、
接し方が普通とはまるで違う。
だから俺たちも優しくならざるを得ない。
それが一番変わった。

そっか、とおもいました。

この新年会で皆が最高の笑顔で再会をして
一緒に居る時間が過ぎてしまうことが
惜しくて惜しくてたまらなかったのは
お互いに優しくなれる場所を
映画を通して創りあげることが出来たのかもしれない、と言うこと。
其々の自我と言うのもが、恐らく殆ど影を潜めていて
他者との理解が嬉しいと心から思えるようになっていること。

これって凄い。

映画を観た人にそれが伝わってくれると
本当にいいと思います。

でも、初号試写を観た私の感想は
ろうの役者達が、本当に素晴らしいです。
映画は初主演の庄崎さん、演技なんか初めての男子(イケメン俳優福嶋)
若い美人姉妹役の二人。
他に沢山出演してくれている方。

普段どれだけ、真摯に優しく人と接することが出来るかが
映像は如実に残酷に映し出すんだと思いました。
演技論なんていらないんですね。

演劇を否定するつもりも
健聴者の普通の俳優を否定するつもりも毛頭ありません。

ただ、本当に他者を理解しようとして
日々自分は生きていられるか。

発信することだけが表現だと
いつからか観念的に思い込んでいないか。
本当に相手から受信しようとしているか。
表現をする前に
自分に問いただしてみることは
とても大事なのではないだろうか。

公開はまだ先ですが
「ゆずり葉」
是非観てください。
[PR]
by chutaro116 | 2009-01-25 02:01 | 映画・ドラマ

第2回無料配信開始です!!

昨日ご案内した『放浪記』
本日より第2回目の配信が始まりました。

是非是非御登録ください!

無料ですよ~。

現代朗読協会の水城さんが記すところの関連記事はこちらからもご覧いただけま~す。

以下ご案内文です!!

林芙美子の代表作『放浪記』の全文朗読が、なんと無料で配信されます。
朗読者は女優・現代朗読協会員の岩崎さとこ。
オーディオブックの普及を願うアイ文庫が血肉を投じての制作配信です。
無料配信登録はこのメールアドレス「ibunko_mail-subscribe@yahoogroups.jp」に空メールを送るだけ。
あとは自動処理されます。
オーディオブックとすぐれた文学作品の楽しみを、多くの人に知ってほしいと願っています。
応援の意味もこめて、ご登録をお願いします。
知人・友人の方にもぜひお知らせください。
[PR]
by chutaro116 | 2009-01-21 03:00 | 朗読

放浪記無料配信のお知らせ~

右側に、
なんと私のバナー(照)を貼りました。^_^;

こちらをクリックしていただき
空メールを送信すれば、
あら不思議、あなたの元へ岩崎の「放浪記」が
定期的に送信されるのです。

無料です。

世界的大不況、オバマ氏就任記念。
文化で心はリッチに!
脱!経済至上主義!!
チェンジです。チェンジ。

なんだか判りませんね(笑)

とりあえず、クリック一つ、
『空メールでゴー』(高音で音読してみてネ。楽しくなること請け合い)!です。

↓ここからもいけるよ006.gif

http://ibunko.com/
[PR]
by chutaro116 | 2009-01-20 02:57 | 朗読

寒くて??

何故か・・・

いや、寒いから?

本日、しもやけになりました。

芝居は終わったけれど、
今日は何事も無かったように日常が始まり、
普通に夜は講師の仕事に出かけ、
駅から降りて歩いた数分間、
寒くて寒くて、靴の中で足指が
どんどんヒリヒリしてきました。

あ~痛痒い。

一瞬、通風かと思ってドキッとしましたが
違うみたい。

そんな数分でしもやけになるんでしょうかね?

皆様もお気をつけくださいませ。
[PR]
by chutaro116 | 2009-01-14 02:18 | からだ

千秋楽

本日『なよたけ』千秋楽でした!

b0062522_0572595.jpg


舞台稽古から年が明け
だ~っと、初日千秋楽まで、一気に駆け抜けた気がします。

最後の二日間は
カーテンコールにアンコールがかかりました。

去年出ていた、富良野の芝居では、アンコールは常だったので
何度もアンコールの練習をしましたが・・・。

こちら、『なよたけ』は
外連(ケレン)や
観客の高揚感を盛り上げる音楽や装置など一切無用の
非常に渋い純粋培養な芝居なので
アンコールは、誰も想像していなかったのでした。
誰もが普通に一回目のカーテンコールで
楽屋に帰ろうとした時、
拍手が鳴り終わらず、
一瞬、舞台裏で、
『戻ってくださ~い』
『カーテンコールで~す』
(私が大先輩にかけた言葉(汗・・)
アンコールという言葉すら忘れてる。
カーテンコールは終わってます)
『ええ??どっちどっち?どっちから出るの?』
『あっちあっちこっちこっち』
と瞬時に情報が行きかいつつ、
そろり~と言う感じで、舞台に再び出て行きました。

想像するより意外なことって、
本当に嬉しいです。

色々な意味で、
とても意義の深い作品に参加できました。

最後の二日間の舞台は
自分の芝居についても、
なんだか、府に落ちることが沢山あって
あ~。
もっと早く!!
といつものように後悔100万回なんですが・・・。

なわけで、
詳細はまた後日。

両国は昨日から場所が始まりました。

b0062522_0561065.jpg


母と友人のYちゃんが観に来てくれたので
みんなで『ちゃんこ』を食べに行こうと『江戸沢』へ行ったら
『今日は場所が始まったので、既に予約で一杯です』と言われました。
なので『ワタミ』でちゃんこを食べました(笑)

みなさん、
場所が始まったら
『ちゃんこ屋サン』は予約しましょう

b0062522_056375.jpg

[PR]
by chutaro116 | 2009-01-13 03:42 | 芝居

完売!

おかげさまで『なよたけ』完売いたしました~。

取り急ぎ御報告を~。
[PR]
by chutaro116 | 2009-01-09 01:36 | 芝居

さくら

b0062522_0261180.jpg

寒いですね
今日は劇場入りの前に神楽坂でヨガをしました。飯田橋の駅近くで発見!桜のちっちゃい蕾。
近所の梅も咲き始めてます。
でもまだ寒い冬は続きそうなので
皆さん風邪など召されませんように
[PR]
by chutaro116 | 2009-01-09 00:26

お知らせ2つ

『なよたけ』初日が開きました!!

おかげさまでチケットは9日以外完売になりました。

当日チケットを求めていらしたお客様には
お帰りいただいてしまうような状況らしいです\(◎o◎)/!
申し訳ないですよねぇ・・・。

お芝居関係の役者仲間は、私も含め
今日行けるからいこう!本番前だしメールしてもアレだから
直接行っちゃえ!と言う方が多いのではないでしょうか?

で、まさか!完売!!

なんてことになってしまうので、
どうかそんなことがありませんように・・・。


お知らせ2つめ

いよいよ『放浪記』無料配信開始です。

以前告知した方法と若干変更があったようなので
再度ご案内します。

下記URLhttp://ibunko.com/
にアクセスしていただき空メール送ってください~~~
[PR]
by chutaro116 | 2009-01-08 03:26 | 芝居

明日初日『なよたけ』

シアターカイ
新春公演『なよたけ』いよいよ明日初日を迎えます!

2009年1月7日~12日
7(水) 8(木) 9(金) 19:00 開演
10(土) 11(日) 12(月) 14:00 開演
前売:3,500円
当日:4,000円
シニア(65歳以上)・学生:2,500円
高校生:1,500円
中学生以下:1,000円
(日時指定・全席自由)

既に、7日、10日、12日は完売になっています。    

じっくりと稽古を重ね、本当に素敵な舞台に仕上がりつつあります。

日本語の美しさ、幻想的な舞台美術と
尺八の生演奏。

お時間ありましたら是非是非御来場くださいませ!

下記は、今回殆どの方にご案内状をお出しできなかったので
WEBご案内として、記させていただきます。

今回は、劇作家、加藤道夫の代表作『なよたけ』です。シアターカイのプロデュースで、演出は演劇集団円の俳優兼演出家の山本健翔さんです。
『なよたけ』は竹取物語を題材に1943年に
加藤道夫氏が戦地へ赴く直前に描いた作品です。
実は私、2000年4月に新国立劇場の木村光一さん演出『なよたけ』に出演しています。
ですが、一昨年に改めてこの作品を読み返した際、
描かれている言葉の美しさ、日本人の感性、美意識、哲学、
というものが大変美しく表現されていたことに気づき、
今更のように震撼が走りました。

8年前の自分は未熟すぎてこの美しい世界感をしっかりと受け止めていなかった気がしました。また機会があれば参加したいと思っていた矢先にオーディションがあり、『ヒロインなよたけ』の台詞を覚え、オーディションに臨みました。
結果出演の運びとなりました、が・・私の役は平安人。
勿論『なよたけ』は、女優岩崎、憧れ願う役ですが、それは来世にとっておきます(涙)ト書きには『絶世の美少女』と書かれてありますもので・・・・。
この作品、女性はなよたけ以外、全員平安人なのです。
出番も多くはないのですがいかに面白く平安に生きるか、試行錯誤しております。
美術は名優三谷昇さんです。
勿論御出演もされています。文学座からは川辺久造さんが御出演です。
三谷さんも川辺さんも文学座の『なよたけ』初演時に御参加されており、
稽古場ではお二人からも様々なアイディアを頂き、
1943年に描かれた平安の世界を鮮やかに2009年に蘇らせ体現する為に、
平成生まれの子役の子供たち(全員普通の小学生)から大ベテランまで
世代を超えた切磋琢磨と魂の交流が繰り広げられ日々、
作品の胎動がうねり、大きくなっていきます。
この作品は、もともと大作の為、上演時間が3時間超でありあります。
私の出番はその中では短いので
「是非私を観にいらしてください」とは申し上げづらいのですが、
この『なよたけ』を新春の娯楽としてお楽しみ、
また感じ入っていただければ幸いです。
新年早々、ご多忙中と存じますが
お時間、御都合よろしければ、是非御来場ください。
御連絡お待ち申し上げております。
どうぞよろしくお願いいたします。


御連絡は下記メールアドレス又は
ワンダープロまでお願いいたします
satokoiwasaki116@mail.goo.ne.jp
[PR]
by chutaro116 | 2009-01-06 02:51 | 芝居

猫や芝居や日常


by chutaro116
プロフィールを見る
画像一覧