<   2009年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

仕込みと大掃除

b0062522_2112945.jpg

今年は年賀状は年明けにすると、諦めまして…
おせちの仕込みと大掃除の同時進行に挑戦中であります。
年末ってなんて忙しいんでしょうね
引越をして初めて新居で迎える新年なので、丁寧に年を越し気持ち新たに年明けを迎え入れたいのですがまあ、やるべき事しておきたい事って沢山ありますねぇ
掃除もアチコチのメンテナンスも
来年こそは、11月には年賀状を作りたいと
毎年思います(汗)
皆様、充実した年末をお過ごし下さいね〜。
[PR]
by chutaro116 | 2009-12-30 21:12

万歳!アッコちゃん。

やった~!

鈴木明子選手。
フィギュアスケート女子
オリンピック出場です。
おめでとうございます!

私、いちファンでございます。

テレビはほとんど見ませんが、この二日間、
釘付けになりました。

浅田真央ちゃんの演技も
19歳とは思えない、すごい表現力と美しさでした。

そしてアッコちゃん。

私がファンになったのは今月です(笑)
色々調べていたら公式サイトがありました。


私は彼女の顔が大好きです。
感情を伴って
踊る喜びや、
表現したい気持ちが
全面にみなぎっているあの表情。あの目力。
たまりません。
チャーミング、というのは
ああゆうことなのかなって思います。

そしてなにより、
優れた筋肉が大好きです。
背筋、と肩から腕にかけての筋肉は
並大抵では出来ないはずです。
しかも、筋力だけに頼っていない流麗な動き。
リズム感、明るさとたくましさ。
精神力のなかのバランス。
スケートという演技が好きで好きでたまらないことが
観客に伝わってきて、
踊る喜びが観客の喜びとなって
一緒に高揚感を味合わせてくれる。

ものすごいエネルギーを与えてくれる。

そして、インタビューは謙虚。

しかもアッコちゃんは
転倒してから力が抜けて結果いい演技につながりました。と話しています。
なんとすごい!
七転び八起きどころじゃないですよ。
もし転倒していなかったら、今よりいい点数になったかもとか
そんなこと考えていないんですね。きっと。

何より自分の演技が出来たたことに
素直に喜び、かんきゃくやコーチや周囲へ
感謝をきちんと示せて、
ほかの選手へもきちんと配慮を示せる。

自分との戦いのみに集中をし
他者へはエールを送る。

並大抵の精神力ではないと思いますが
さらに、穢れていない魂の清らかさを感じます。

今年の女子フィギュアの選手たちは
観客はもちろんのこと、
あらゆる表現者へまったく新しい
魂の表現を提示してくれているのではないでしょうか。

他者を受容するということは
自身が成長していなければ難しいこと。

自分を責めて、他者を否定して
あがいていくと言うこととは対極にあると思う。

なんだか、本当に
新しい、美しい事に触れられた気がします。

オリンピック出場おめでとうございます。

結果なんかどうでも良いです。
また、素晴らしい表現を見せてもらえるなら
この同じ時代を生きている私たちは
それだけで幸福だと思います。
おめでとう!

私もがんばろう!
[PR]
by chutaro116 | 2009-12-27 22:32 | からだ

あごまくら

b0062522_2211222.jpg

うさぎの人形は枕になりました。
むぎゅむぎゅ…
[PR]
by chutaro116 | 2009-12-24 22:11

小春日和?

b0062522_12191099.jpg

b0062522_12191065.jpg

b0062522_12191042.jpg

久しぶりに温かい日になりましたね
久々の休みなのでお布団を干してます。
先日、現代朗読協会ね羽根木の家で柚を刈りました!
芳香が周囲に漂う至福の時間で400個位は柚が枝から落ちてきました。落ちた柚はそれはそれは柔らかく美味しく、お風呂でつかえば肌はスベスベになるホントに自然の恵みでした!
写真は惜しくて取ってある残りの柚達。因みに左の小ぶりな一つは市販の柚です。
羽根木産がどれだけ大きいかおわかり頂けると思います。
種をホワイトリカーに3ヶ月漬けて、グリセリンに混ぜたら、抜群の化粧水が出来るらしいです。私は残り物の大吟醸に漬けてみました。豪快ですか?下戸ならではの価値観ですよね〜。
完成したらまたご報告します。
奥は、寄せ植えをしたら復活を遂げた一昨年安売りしてて、買った翌日には枯れ果てていたミニバラちゃんです。
思いが実った片思いみたいで嬉しいです(笑)

皆様、良きクリスマスイブをお過ごし下さい。
[PR]
by chutaro116 | 2009-12-24 12:19

隙間風

すきま風。

どのくらい吹き込んできますか?

引っ越した新居は、どうやらはじめ聞いていた築年数よりも
いろんな人の証言を聞いていくうち
相当経っているらしいことが判明しているのですが
そんなことは、どうでも良いくらい
環境も、マドリも気に入ってるのです。

しか~し、
冬のこの寒さ&隙間風は予想外でした。

石油ストーブでもあればいいのですが
かなり不安(倒さないか)なので
オイルヒーター、エアコン、電気カーペット、と
東京電力のお得意様になっております。

それでも寒い。

それは、以前の家が今よりもコンパクトだったせいもあるのだと
最近判明。

広いのは幸せ。

多少の寒さは
フラノの寒さ(マイナス30度)と比べてみると
際限なくあったかいと感じることも出来る。

すべての経験は無駄じゃありません!。

それに、冬は寒いんですもの。
だから春がありがたいのですもの。

それに冬はおかずの作りおきもできますし。

猫も布団に(上に乗るだけですが・・・)来るし。ニコニコ。

寒い分、幸せのありがたみがしみるのも
幸せ。

寒くて万歳だ!
と言うことにしておきましょう。

ばんざい。
[PR]
by chutaro116 | 2009-12-18 23:30 | 日常

美味しいご飯の時間

先週と今週
二度に渡り、現代朗読協会でご一緒している、
まりちゃんのディナーとランチを頂く機会に恵まれました。
(リンク先、緑のセーターでvサインしてます。私)

まりちゃんは、料理人を目指すうら若き女子。
ガッツとセンスとその絶妙な味覚で本当にすばらしいお料理を
提供してくれます。
ずっと、行きたくて行けずにいたので今月二度もご相伴に与れて本当に嬉しかったです。

ディナーは女子限定。

ランチは男女さまざまな方々と羽根木の家で
頂きました。

バペットの晩餐会、という映画がありましたが
まさにそんな感じで、お料理の一つ一つにドラマがあって、
しかもそれらが、その場所にいる人たちへのメッセージのように届けられてくる
味だったり、彩だったり、暖かさだったりするわけです。

仕込みも、サーブもすべてまりちゃんが一人でこなします。

こんな幸せな場所があること自体、ちょっと奇跡的だし
いくらまりちゃんが料理人の修行中とはいえ
こんな素敵な形で、お料理を提供してくれる
その『時』に居合わせている私たちはなんという幸福者。
いずれ、高級レストランで予約なしにはいただけない
女性シェフに育っていくこと間違いありません。

大切な愛の詰まったご飯。本当にご馳走様でした。
愛を頂いた分、頂いた私たちは、またそれを返していかないとね。
ご馳走様でした!

ランチ
b0062522_22305914.jpg


ディナー
b0062522_22305947.jpg

b0062522_22305922.jpg

b0062522_22305996.jpg

[PR]
by chutaro116 | 2009-12-18 22:30

身内自慢

ほとんど身内の自慢なんてしたことがないというか
自慢の種になるような親戚がいるような
華やかな家系ではまるでないので(笑)
自慢できるなんてすごいな~と
身内自慢を聞くたびにほ~と思っていましたが・・。

エヘへ。
自慢しちゃいましょう。
ホホホ。

甥っ子自慢です。

姉の息子たちは24歳位と21歳くらい。

24歳位の甥はこの就職難に
無事公務員試験に合格して
某区に勤務が決定。
でかした。
姉も、姉の夫も公務員。
世襲制ではないのに
縁故も何も使わず、自力合格したそうです。
偉い!
今後あらゆる区政で区民を助けて頂戴ね。
陳情にいくよ。

そして21歳の甥は
一度も留学も英才教育も受けたことないのに
英語の才能があったようで、
全国の大学英語ディベート大会
今年連続二冠優勝をしたんだそうです。
史上初なんですって。

身内は、なんとなくうわさで
「英語できるらしいよ。
インドネシアに英語の弁論大会に行ったそうだよ。
なんだか忙しいんだって~」っと言う具合で
本人の口から、どんなことしているかを
まあ、恥ずかしい年頃だろうし、みたいな
大人の遠慮でそっとしておいて、
石川遼君に似てるから、英語が得意なんだとか
まったく実力を理解しないまま、
なんと大学生では日本一になったそうです。
ディベートはペアを組むらしく、
ペアの子の親御さんは某国立大学の英語教授らしく
大会をよく観にいらしていたようですが
私たちは「今度どこでやるの?」と聴いたら、
もう引退したからやらないし、
そもそも英語じゃ理解できないだろう、と
相手にされていませんでした。
(両親も一度も大会に行ったことがないらしい)

しゃべる、ということではおばちゃんの私も
しゃべる仕事だから、まあ血筋?なんて思いますが
(公務員になる兄も日本語の弁論大会で随分活躍したそうです)
稽古はかなりやるようで
自分から英語ディベート(討論)の師匠となる人を見つけて
初対面でもその人に稽古をしてくださいと頼んで
練習をすると言うことを繰り返して掴んだ栄光なんだって。
いそがしくて大学の授業参加はむつかしかったらしい(笑)けど。

すっげ~。
21歳で・・・。

もう引退なんだそうで
これからは就職活動するそうです。

子供って
親や親戚の力なんかなくても
本当に勝手に育っちゃうものなんですね。
あ、甥っ子「育」という名。

そんな育ちゃんは
私が英語がぺらぺらだと未だに信じてくれていて
「聡子を尊敬してた」と言ってくれています。

夢を壊しちゃうから内緒にしていましたが
私のTOIECは200点台でしたの・・・。
発音だけは良いよ。といっても若者の能力には及ぶはずもなく
今は「もうわすれちゃったょ」と小さくなっています。

ほんとうに我が家系は
どこにも大物なんかいない
一般庶民の下町出身なんですが
それが幸いなんでしょうかね。

若い頃のモチベーションが激しく高い、
のは血筋なのかもしれません。
姉は弓道でインターハイ出場経験あり。(自慢(笑))。

あ、そうそう
しゃべる、と言うことに関しては
甥の母である姉と、私は
母(すなわち甥達のばあちゃん)から
食事中に黙っていると
「面白くない」とだめだしを受け、
面白い事をしゃべらないと許してもらえない子供時代を送っていました。
母は赤ちゃんでもおとなしい子に厳しく
「あの赤ちゃん、ちっとも面白くない」と平気で言うのです(笑)
大阪人でもないのに。寡黙な人は親戚(血筋)に一人もいません。

だから、私は今でも
いつでも面白くしゃべらないと。とちょっと思いがちです。

自慢ばかりですみません。

一生に一回だけにしておきましょう。

甥たち。
叔母はしあわせだよ~。

いつまでも、みんながたくましく幸せに
希望を持って生きていけますように。

叔母さとこ。
[PR]
by chutaro116 | 2009-12-15 21:43 | 日常

痛いお腹

お腹を壊してしまったのではありません。

お腹の皮膚がぴりぴりと痛み、
ついでに腰まで貫くようなずっき~んとした鈍痛も
たまに走り、なんだかお腹に力が入らないのです。

甥の就職祝い(時の流れって速すぎ・・)で、ご馳走を食べたので
慣れない体がアレルギーを起こして痒いのかと思ったのですが、
おそらく、帯状疱疹の前触れらしいのですが、
発疹もなく、寒さによる神経痛の可能性もあるから
病院でもまだビタミン剤で様子を見ている状態。

病院の先生が
キャサリン先生と言って、日本語がぺらぺらの明るい面白い先生でした。
『帯状疱疹の薬ってめっちゃ高いから、帯状疱疹じゃなかったら
がっかりしちゃうでしょ?痛み止めだけにしとくね!」と。
なんとなく、
元気な気持ちで病院を後にしました。
何の裏づけもありませんが
カリフォルニアの香りがしました(誇張)。

皮膚は弱いので、湿疹には慣れていますが
痛みには弱いので、困ります。

息を吸っても痛い感じで
ご飯食べて満腹になりそうでも、
(お腹の皮が膨れると)痛いのです。

年末に向けてあわただしく時間を過ごすことが多くなりますから
皆様もお気をつけくださいませ。
[PR]
by chutaro116 | 2009-12-14 22:57 | からだ

向こう岸に!

b0062522_15413619.jpg

またまた白っぽいふわふわした生き物が!
[PR]
by chutaro116 | 2009-12-10 15:41

ひなたぼっこ

b0062522_9153348.jpg

駅近の蕎麦屋(通称にゃんこランド.勝手に命名)の屋根にて。
白くて丸い幸せそうな固まりが、お日様に向かっておりました!
あったかそう
ヾ(≧∇≦*)ゝ
[PR]
by chutaro116 | 2009-12-10 09:15

猫や芝居や日常


by chutaro116
プロフィールを見る
画像一覧