<   2010年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

紅葉

b0062522_2228553.jpg

豪徳寺へ初めて行きました。
別世界のような紅葉です!
ああ、漸く秋。
招き猫はリアルに猫が居るかと探したけど…
本物の招き猫が沢山居ました。
[PR]
by chutaro116 | 2010-11-27 22:28

お勧めのブログ

マイブームです。
以前から読んでいるのですが、
今回の砲撃戦について、
内田樹さんがとても興味深い記事をブログにUPしていらっしゃいます。
是非!こちらから→http://blog.tatsuru.com/
[PR]
by chutaro116 | 2010-11-24 23:15 | 日常

優しい忠太郎

b0062522_21214714.jpg

無心に魚を食べていますが
焼きあがった魚はしばらく置いたまま
なんで食べないの?と
思ったのですが、
飼い主が食卓で
『いただきまぁす』と
言った途端に、
自分のお皿に向かいました。
待っててくれたぁ。
犬のようなネコだなぁ。嬉しいよ(=^▽^=)
[PR]
by chutaro116 | 2010-11-24 21:21

お隣様

b0062522_12325100.jpg


ルルちゃんです。
美人の18歳!
[PR]
by chutaro116 | 2010-11-23 12:03

豊明へ

朝5時起床
7時過ぎに現代朗読協会の羽根木の家へ。
21日は、愛知県豊明市へ日帰りで
公文式学習塾へ通う子供達の集まりに
朗読で参加。

楽しい、車!の旅が始まりました。
ピアノ兼演出の水城さん
数学者粕谷君 若手元アイドルシマムラ、
運転は丸さん。
計5人旅です。

小笠SA
晴天です!
b0062522_1228315.jpg


b0062522_12283121.jpg
売店では、世にも珍しい飲み物が売られていました。
みんなで一本づつこわごわ購入。

b0062522_12452746.jpg

わさびサイダーとお茶コーラとすっぴんの私。
いずれの味も、ご想像にお任せします。わさびサイダーは確かに、辛い。(笑)。
一口で十分でした(笑)。

b0062522_12514299.jpg

浜名湖が窓から見えます。
なんだか、映画のスクリーンみたいな写真になりました。

b0062522_12283169.jpg

豊明に到着。
名古屋のスタッフ、ファンキーさん(という方)のお勧めの
「ミッソーニ」という味噌煮込みうどんのお店へ。
みんなわくわく。
左から水城さん、シマムラ、往復18時間!運転してくださった丸さん。
[PR]
by chutaro116 | 2010-11-22 12:28 | 朗読

豊明紀行後半

味噌煮込みうどんを身体表現している粕谷くん。
b0062522_12452774.jpg



ミッソーニの店内。子供達が遊べるように、知恵の輪とか置いてある。
インテリアとして天秤にかぼちゃ(ミニ)とひょうたん(若)がおいてありました。
b0062522_12325031.jpg


待望の親子味噌煮込みうどん(かしわと卵)
うどんがもちもちで美味しい。お値段も良心的。740円。
b0062522_12325021.jpg


そして、公演が終了。
あわただしく、写真撮る間はありませんでした。
久しぶりの大きなステージでの演技(朗読)
お客様500名ほどでしたが、1500席の会場。
声の出し方も、普段のライブハウス位の広さでやるときとは違いますし、
(声が散ってしまう感じ。なので体のパワーと方向性を明確にしておかないと)
子供達の呼吸はダイレクトなので、
一瞬も文字と自分の関係性の世界には身をおいたきりにはなれない。
ピアノもあるし、名古屋の共演者と会ったのは30分ほど前。
短い公演でしたが(30分弱)ものすごくやることが沢山ある!と
改めて、実感。
共演者、ピアノ、観客、テキスト、
さまざまな相手が空間に居る。
それらすべてとつながり、一緒に呼吸をして
自由に身を任せることが出来たら
どれだけ幸せかと思う。
見ている人も幸せになるといいと思う。

表現を求める事に終わりは無くて
毎回発見の連続で、今出来ないこと、をどれだけ沢山見つけられたか
出来なかったことが沢山あっても、
それについてくよくよしないで
明日からの課題を見つける場と思えるようになった。
(開き直りとも言います)
もちろん、観客に喜んでもらえることが大切です。
でもそれきりで終わると、明日が無い。と
明るく思えます(笑)。
今逢って、今競演して、今別れる。
離合集散。
とても人間的で、熱い方が名古屋のメンバーでした。
来月が楽しみ。
会場を出ると、目の前に宵の月が。
満月の前日のまん丸。
本当にキレイな澄んだ空。


b0062522_12325067.jpg



苅谷SAに、楽しい事があるらしいと、名古屋メンバーの柊さんに教えてもらい
途中立ち寄ります。
b0062522_1232505.jpg

もっとキレイなんですよ。

b0062522_123250100.jpg

メリーゴーランドにも乗りました。(大人4人で)

写真はありませんが、みんなで足湯に浸かりました。

お土産を買える時間は無くて
そのまま帰宅。

というか、この後渋滞で
家に着いたのは深夜1時過ぎです。

しかし車内では、時間があるので普段忙しくて出来ないどうでもいいような会話を
沢山しました。
一番楽しかったのは、フンコロガシを見たことがあるか、という件。
私はフンコロガシがフン転がす姿をたことが無いですが
みんなあるらしい。
北海道出身の丸さんは、見たことが無い。(寒くて居なかったらしい)
フンコロガシの本名は「シデムシ」というそうです。

私は「みつばちハッチ」でしか見たことがありません。
(しかもしゃべるフンコロガシ)
それは、見た事にならないと水城さんから突っ込まれました。

あと
あり地獄を見た事があるか。
私はやはり「みつばちハッチ」でしか見てませんが、
みんなは見た事があるそうです・・・。
神社の境内の下には必ず居るそうです。
水城さんは昆虫少年だったそうで、あり地獄の一部始終を知っていました。
ものすごく羨ましい。

いろんな話が出来て
車内マッサージもして
本当に楽しかった。
運転してくださった丸さん。
水城さん、皆さん、
本当にありがとうございました。
[PR]
by chutaro116 | 2010-11-22 10:30 | 朗読

パスポート申請記

来週韓国へ行こう!と
思っていたら、
なんと期限が昨年10月に切れてましたY(>_<、)Y
アチャ~。

昨年も11月にゆずり葉の上映会が韓国であったので
行こうと思ってたら、仕事とかち合って行けませんでしたが
すでに、その時には期限が切れていたらしい。
とつい最近知りました(涙)近頃、迂闊です(ノ_・。)

とりあえず、チケットを買う前で良かったです。

で申請。

その1
運転免許証の住所変更がまだでした。
近所の警察署へゴー。
普段会わないタイプの
頼れそうなおじさん(警察官)が沢山いらっしゃいました。
頼もしいぞ。今度、悩み事が出来たらここに来よう(笑)。

その2
サクサクと都庁へゴー。時間が余って楽勝だわ。と思いながら、写真を撮影します。
出来た写真を見て、5年前からの変化に愕然としましたが(笑)
証明写真は人に撮ってもらわないタイプの方が納得が行くと確信しました。
なんか外国人風に写ってますし…
微笑を浮かべたつもりの口はとがっていて
眉間に多少の力みがある・・・・。
カメラマンは信頼出来る人でないと、そうそう、良い笑顔にはなれない…と原因を追究しておく。

その3
いざ申請のカウンターへ行くと、戸籍抄本が必要だと(@_@)
私の本籍は港区なので、
大江戸線で六本木の麻布出張所と都庁を往復して、抄本を貰いに(買いに…450円もするの!)行きます。
幸い、申請の場所から大江戸線は直結しています。ラッキー。
早く家を出た事にはこんな必然性があったとは…ヤレヤレ

その4
出張所で、抄本を受け取ると、見たことない父の名前の漢字。
辰夫って言う人(故人)だったのですが、
辰の字が文字化けしているみたい・・・。初めてみた、こんな字。
窓口の人に、「こんな字ですか?」って聴いたら「はい」と返答があったけど
後から考えれば生返事以外の何ものでもない。
だって、どんな字かはじめから知る由もないし(笑)・・・・。
変な質問しました。
それにしても・・・。

その5
申請の次は、21日の朗読公演の稽古なので
時間が迫っていて、六本木をさっさと後にする。
そういえば2006年3月にここで、朗読公演をしたっけ、と
一瞬過去を振り返る。
最近毎日、こんな感じです・・。

その6
また大江戸線に乗って、都庁へ。
やっと、申請出来ました。ふぅ。
期限が切れる前なら、抄本は要らないのでした。ふぅ…
実は、11年前(1999年)に10年のパスポートを取得したのに紛失したと思い
6年前に再申請していたのでした。
通りで、思ったより早く切れたはず。
(結局紛失したはずのパスポートは引越しのとき出てきた・・。)
また紛失した、と思ってあわてる可能性があるので
今回は5年期限のパスポートにしておきました。(5000円安い)

名前が変わるかもしれない。
国籍が変わるかもしれない。
等々、人生にいろんな願いを込めたりしても居る。フフ。
ふぅ。

運転免許といい、パスポートといい、
行く度にいろんなことがあって、大変だという思いになりますが
結構楽しかったりもします。

受け取りは26日。
本当は24日に韓国へ行く人がいたので
一緒に行こうと思っていましたが
無理でした。トホホ。
さて、私は今月一人で
韓国へ行くことが出来るのでしょうか・・・。

その7
そして、稽古へゴー。
現代朗読協会の羽根木の家へ。

21日は豊明市(愛知)で公文式の子供達へ向けた
朗読会。
公文の賢い子たち相手の朗読。
思い切り、賢くない感じでやりたいと思う。
(勉強しないとあんな大人になっちゃうぞと思わせて勉強してもらう狙い(うそ))

今までだったら、
羽根木の家で水城さんに
『今日麻布区民ホールの上に行って来たよ。』とか
話したのだけれど、
そんなことも、次の場所へ行くと忘れている。
今そこに居るだけである。

その8
稽古は楽しく終わった。
初めてご一緒する、
数学博士の(リアルに)粕谷君と元アイドルの若い女子シマムラと。
なんだか本当に楽しそうなので
一緒にやっていて楽しい。

意外と早く終わったので
ヨガへ。

集中しているのだけれど
脳裏がにぎやかで困っていたら
先生が背中にそっと手を当ててくれた。
とても熱い手。

ちょっと、リセットできた。

最近ヨガに感じる不思議さは
練習中はどんなに集中できなかったりしても
へとへとになっていても
終わると、ものすごく元気になっている。

今日は
波動のお話も聴けた。
同じ波動のところへ同じ波動を持つ人や事象が集まると。

良い波動を発信して
良い人や良いこと幸せと感じられる日々を過ごしたいなり。

以上。
本日の出来事。

(最近こんな感じ・・・編)

いつでもこんな感じの忠太郎です。
b0062522_22335819.jpg

[PR]
by chutaro116 | 2010-11-18 21:34

公演のお知らせ@名古屋

急なお知らせですが
急に決まったのでお知らせします。

来月名古屋で、朗読の公演に出演します。

ここの所、なんだか異様に予定が目くるめいており
今わたしは何をしているか
良くわからぬままに生きています。
これではいかん。

ゆっくり呼吸をして
世界の中心に自分を置いてみましょう!

スーハースーハー

ということで、
来月名古屋でお会いしましょう(笑)

こちらから
ttp://juicylab.blogspot.com/2010/11/blog-post_2069.html

又は、
下記に記しますで。
よろしくお願いしますにゃ。

日時:2010年12月10日/11日
場所:愛知県芸術劇場(芸術文化センター)小ホール

2008年暮れに名古屋で始動したウェルバ・アクトゥスは、継続的なワークショップを通じてその方法と考え方を推し進め、2009年9月に初の大きな公演「Kenji - 宮澤賢治・音と光と土 - 」を実現するにいたりました。
大きな反響をもって終えた「Kenji」を受け、すぐさまさらに継続的な活動が展開され、本年はウェルバ・アクトゥス制作実行委員会が正式に発足しました。
また、ワークショップも毎月開催されているほか、ミニライブも頻繁におこなってきました。
そして2010年12月、愛知県芸術劇場小ホールで、2日間、3演目4公演におよぶアートショーが開催されることとなりました。
演目概要をここにお知らせいたします。

◎Ginga ――宮澤賢治・時と地と星――
12月10日(金)15:30- /12月11日(土)19:30-

宮澤賢治『銀河鉄道の夜』をモチーフにしたオリジナル脚本をもとに、
約一年間のワークショップを経たウェルバ・アクトゥス・アートパフォーマーたちが
皆さんと共感の場を作ります。音と光の饗宴を共有しましょう。

脚本・演出・音楽:水城ゆう
出演 岩崎さとこ、窪田涼子、野々宮卯妙、照井数男、嶋村美希子
加藤祐子、山田哲也、西川智里、大久保恵理子、岡本薫
西村邦子、小木曽琴江(10日のみ)、柊麗子(11日のみ)
演奏:伊藤さやか(歌)、矢野司空(尺八)、デリヘイ(馬頭琴/ホーミー)、水城ゆう(ピアノ)
笛吹ふえこと教室の皆さん(篠笛、土曜日のみ)

◎沈黙の朗読――記憶が光速を超えるとき
12月10日(金)19:30-

2010年3月に東京・中野 plan-B にて初演。
「沈黙」と「朗読」という一見矛盾したテーマに取り組みながらも、
終演後は「驚くべき沈黙の豊穣さ」を発見した濃密なパフォーマンスが、
名古屋のウェルバ・アクトゥスの舞台に帰ってくる。
今回、あらたにクラリネットを加え、三つどもえのパフォーマンスに。

脚本・演出・音楽:水城ゆう
出演:榊原忠美
演奏:坂野嘉彦(クラリネット)、水城ゆう(ピアノ)

◎(演劇+朗読)×音楽=特殊相対性の女
12月11日(土)15:30-

2010年9月に東京・下北沢〈Com.Cafe 音倉〉にて初演。
舞台を中心に活躍する女優・石村みかと、現代朗読純粋培養の朗読者・野々宮卯妙が、
それぞれ異なるアプローチでオリジナルテキストに挑みます。
ランダムに映しだされる映像にも出演者と演奏が反応しながら進んでいきます。

脚本・演出・音楽:水城ゆう
出演:石村みか、野々宮卯妙
映像:藤原好昭、伊藤貴人
演奏:水城ゆう(ピアノ)

料金:すべて2,500円(前売)
チケット購入はこちら

お問い合せ:ウェルバ・アクトゥス制作実行委員会
電話・FAX 052-323-2593
Mail info.verbaactus@gmail.com
[PR]
by chutaro116 | 2010-11-18 00:22 | 朗読

シャンプーの事

2年くらい前から、石鹸シャンプーを使っています。
(生活クラブの、350円くらいの)

始めは、髪がギシギシになってしまって
ゴワゴワな人だったのですが、
その後、まず髪を染めなくなり
(これは染めても役で黒く戻すことが増えたため諦めた)
この夏の暑さで地肌も痛んだのでパーマも辞めたら
髪が、今までに無いくらいしっかりと
つやつやしてきた。

ところが、
石鹸シャンプーを切らして、
その上、風邪で寝込んでいたので
市販のシャンプーを使ったら
1週間もしないうちに
髪の色が抜けて、
明らかに髪が弱り始めました。こわ~~。

市販のシャンプーは
大抵、界面活性剤が添加されています。
汚れを落とすため、泡立ちを良くするため。
しかし、本来ヒトの持つたんぱく質や大切な油分も落としてしまいます。

おそらく私は、それほど沢山の油もたんぱく質もないので
あっという間に、減ったと思われ・・・。

あわてて石鹸シャンプーを買いに行きました。

こうゆう物の選択は
個人の自由だと思うし。、
合う合わないは個人差の問題なので
あまり、声高に言うことはためらわれるのですが
身をもって知って、
ちょっとびっくりしました。
[PR]
by chutaro116 | 2010-11-10 00:13 | からだ

秋晴れでした

ようやく晴れた日に、行けました。
東大。
赤門の前で「ゼミナールのご案内です!」と、ゼミのチラシを配られそうになって、
東大生と思われた(かもしれない。→若い上に賢い!)ので
有頂天になって、構内を見学します。

b0062522_1234895.jpg

図書館前の噴水。
前回いた漱石君(猫)には会えませんでした。

b0062522_124680.jpg

素敵な文学部校舎。

b0062522_12464.jpg

あの、有名な安田講堂。
ずっと井の頭線に乗っていたときに探しておりました。
駒場にある劇場へ行った時には、「ああ、これが安田講堂ね」と
普通の校舎を安田講堂と思ってました。
なので脳内では、学生闘争は駒場で展開されておりました・・・。
駒場じゃなくて本郷にあったのですね・・・。

b0062522_114231.jpg

安田講堂前の大樹。
本当に素晴らしい大樹でした。
大きく広がった枝の下に、ベンチがあって
お弁当があればここでランチが出来る!

ここに来ると、
どこかの土地と似たエネルギーを感じていたのですが
今日わかりました。
NYでした。
なんでだろう。
秋のからっとしたサクサクした空気も手伝ったのかもしれないし
建物の、荘厳な感じが大好きなので
歴史とか、自然とか、人々の「ここが好き」感かな。

私も好きになりました。東大。

また遊びに行こう。(遊びなんだ・・・015.gif
[PR]
by chutaro116 | 2010-11-09 01:02 | 芝居

猫や芝居や日常


by chutaro116
プロフィールを見る
画像一覧