<   2011年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

行ってきま〜す

今日は成田から旅立ちます。

b0062522_2254174.jpg

搭乗ゲートはすっかり韓国ムード満載!
元気なハングルが聞こえて来ました。
現地で健康を保つ為に、今回は様々なものを用意し10キロも重量オーバーしちゃいました。
巨大なエコバッグを買って荷物二個を預ける事が出来ましたが
(∋_∈)
時間はあるのに焦ってしまい久しぶりに汗だくになりました。
なんであんなに慌ててしまうのかな。
経験したことのない状況だからかな…
巨大なスーツケースもやはり必要ないのかもしれません。トホホ
それなのになんと、携帯のmicroSDをUSB端子に入れてパソコンに繋げたまま忘れてきてしまいました(┳◇┳)号泣)
声帯の健康を保つ為に、日々清らかな声の音楽で耳を浄化すると良いとボイストレーナーの玲子先生から教えて頂きスペシャルソプラノヒーリングボイスの曲をせっせと集めたのに…
やはりipadを買うべきでした…
スピーカーまで買ったのに…
小人さんが釜山まで運んでくれないかな(⌒〜⌒)
本体には幾ばくかの清らかな曲があるのでこれ以上自分にショックを与えないように、行ってきます。
しかしデータって怖いなぁ。携帯に入れたんだから一ヶ所にあると思い込んでました…

そんな訳で次回は4月8日から釜山ガマゴル小劇場にて、女中たちの上演です。
[PR]
by chutaro116 | 2011-03-31 17:47 | 芝居

今日から

来月18日まで
再び韓国へ行ってきます!
[PR]
by chutaro116 | 2011-03-31 11:26 | 芝居

原発についての記事

現代朗読協会の水城さんは原発の小説を書いた経験から
原発の知識が豊富です。
色々、判りやすくブログに記事を書いてくれているので
是非、ご参考になさってください。


原発ニュースの読み方/いつ逃げるべきか(あえて書く)



下記は、茨城県東海村のJCOバケツウラン事故のNHKのドキュメンタリーです。

この10年でNHKすら著しい劣化したことを感じる映像
[PR]
by chutaro116 | 2011-03-29 00:03 | 日常

アニマル

今日はウミウシだった・・・。

b0062522_2334130.jpg


この絵↑めちゃめちゃ可愛いです・・・・

そして↓

あなたは海との深いつながりがその魂に刻まれた人です。
あなたが健康で快適であるためには、より多くの良質の水が必要です。飲み水、スキンケアやふだんの生活で触れる水の質を、あなたが心地よいと感じるものに保って下さい。
自分の個性を大切にして下さい。あなた自身があなたの持ち味に敬意を払うと、個性の違いを攻撃的に主張して他者とぶつかり合うのではなく、調和した新たな道が開けるでしょう。
誰かに対して優しくなれないと感じる時は、自分自身を優しく扱ってあげているかどうか、注意してみて下さい。

・・・毛の無い生き物が続くわけが少し判りました(笑)。
[PR]
by chutaro116 | 2011-03-28 02:35 | 休日

音楽ライブ「春うふ2011」

現代朗読協会の仲間
伊藤さやかちゃんと水城ゆうさんの音楽チャリティライブがあります。

詳細は下記です!

無料です!是非足をお運びくださいませ!!

音楽ライブ「春うふ2011」のお知らせ
オリジナルナンバーはもちろん、童謡・唱歌などのなつかしいメロディをあたらしい音でお送りする音楽ユニット〈Oeufs(うふ)〉が、ひさしぶりにライブをやります。

◎日時 2011年3月25日(金)20:00から/開場19:30
◎場所 音楽堂anoano
    豊島区南大塚1-49-2 ハイムデルムンド103
    JR大塚駅よりゆっくり歩いて8分
◎料金 無料
    席数に限りがあります。かならず予約をお願いします。
    申し込みページはまだ2,000円となってますが、そのまま送信してください。

※ご予約・お問い合わせはこちら

歌は伊藤さやか。音楽は水城ゆう。
今回は朗読のゲストに野々宮卯妙も参加します。
春の童謡や唱歌をはじめ、新曲をふくむOeufs(うふ)のオリジナルナンバーを、トレードマークであるゆるゆるトークとともにお送りします。どうぞお楽しみください。
[PR]
by chutaro116 | 2011-03-24 21:52 | 朗読

立て!立つんだ!

ジョ~~!

観てきました。「あしたのジョー」

いや、素晴らしい。
みんな素晴らしい。
特に丹下段平の香川照之さん。
でもジョーの山下君も力石も、本当になりきってて、嬉しかった。

アニメはそれほどちゃんとは見ていなかったけど、
(何しろ子供時代には男臭すぎてしかも社会派だったので判らなかった)
作り手が、もうジョー大好き!というエネルギーがビシビシ出してて、
CGはちょっとやりすぎな感じがしたけれど(顔が本当に漫画みたいにゆがむ(笑))
もう、ずっとどきどきしていました。

力石の伊勢やくんて、昔広末涼子と付き合ってなかった?と
それが頭から離れなかったけど、でもあの減量はマジデすごい。

私に力石役のオファーが来たら、受けるかどうか、真剣に悩みました。
無用な悩みとも思うけど、世の男子の俳優さんに聴きたい。
やる?力石の役。

韓国からもどったら香川照之著「慢性拳闘症」を読むんだぁ!
帰国後の病院通いの途中東京駅の丸善でこの表紙を見て、私は動けなくなりました。
「竹中直人が丹下段平を!」と驚いたのもつかの間、著者名が香川さん。
かなり熟読で立ち読みをしましたが、あまりに面白かったので映画を観てから買って読むことにしました。

とにかく映画の香川さんが凄く良いので、早く観にいってくださいね。
上映が終わらないうちに。

そんなわけで今日のアニマル
朝と夜同じ動物?が出てきました

ドラゴン。
また毛が無い。
でも書いていることがあまりにぴったりだったので
引用しちゃいまス。
以下

b0062522_1443337.jpg


あなたのスピリチュアルな旅は、強力に守護されています。安心して進んで下さい。
あなたは人生の新しい局面に飛び込もうとしている時です。ちょうどぬるま湯に浸かっていた状態から抜け出し、ワクワクする冒険の大海原へ漕ぎ出そうとしているところです。
たとえ良い方向へと向かう変化であっても、未知の領域に足を踏み入れる時にはリスクを冒す不安を感じるものです。しかし、あなたはいつも神聖な、そして強力な力で守られていることを知っていて下さい。
特に病気の時、トーテムアニマルのドラゴンはあなたの生命力を活性化させ、治癒をすすめます。
あなたの人生にもっとたくさんの情熱を呼び起こすことを、実際に行動を起こしてやってみて下さい。
自然なかたちで、他の人々のスピリチュアルな学びを手助けする機会が増えるでしょう。
[PR]
by chutaro116 | 2011-03-24 01:56 | 映画・ドラマ

発見

足つぼ亭の大田さんのブログ
韓国でのブログを紹介していただいていました。

本日、久しぶりに足つぼ亭に遊びに行き
私が韓国へ行っている間(しかも本番の怒涛の頃!)
さなえさんがセドナへ急遽行くことになった経緯を聞きました。


人生の流れ、宇宙の法則のような
目に見えない力を、いつも教えてくれます。

身体と声の弱った私に沢山エネルギーをくれました。
ありがとう~。

その大田さんの足つぼ亭ブログから
面白いサイトを発見いたしました。

トーテムアニマル
http://www.salonangelforest.com/poweranimal/index.html

私は一回目がトカゲ
二回目がカエル
同じ質感の生き物・・・・。

三回目てんとうむし。

てんとうむしは謎だったけど、
トカゲとカエルは当たっていました。
カエルは声を使う職業だって。ゲロゲロ。

他のフサフサした動物にはならないのかしら。

少し元気が出てきました。
[PR]
by chutaro116 | 2011-03-22 23:42 | 日常

「気分がよくなる方法」

久しぶりの朗読作品が公開されました。

http://www.voiceblog.jp/radiou/1349451.html

朗読をすることで、私は少し気持ちが落ち着きました。
表現する場所、
それも今一番自分が必要としていた媒体を与えてくださった水城さんに感謝です。
素敵な作品になっています。
是非聞いて下さい。

作者・音楽は、現代朗読協会主催の水城雄
テキスト、音楽共にオリジナルです。

下記水城さんのブログより転載。


サウンドスケッチ「気分がよくなる方法」
ひさしぶりのサウンドスケッチ作品です。
現在の状況のなかで気持ちが落ちこんでいる方に送る、私からの音手紙です。
作・音楽:水城ゆう、朗読:岩崎さとこ。
元テキストはこちらで読めます。ただし音声化の際に少し変えてあります。

ケロログ「RadioU」
で配信中。
[PR]
by chutaro116 | 2011-03-22 01:26 | 朗読

転載・・・『災害時のメンタルケア』

下記は、現代朗読協会の水城さんのブログより
転載させていただいた文章です。

お読みいただいた方が少しでも楽になりますように。

(追記)
【災害時のメンタルケア】は、
トラウマ療法であるソマティック・エクスペリエンス®(SE)の療法家(米国在住)から届いたサポートメールをSEプラクティショナーであり臨床心理士の藤原千枝子とSEトレーニーであり臨床心理士である牧野有可里がまとめたものである。

【災害時のメンタルケア】

◆1.今こそ自分自身のメンタルケアを。

今はまだ地震直後であり、だれでもアドレナリンが噴出している時です。こういう時
は何かをしたくてたまらなくなりますが、まずはその自分自身の感覚に意識を向けて
みましょう。細々意識してみることをトラッキングといいます。
自分自身に対するサポートを最初にしてください。

私たちが落ち着いているか、不安エネルギーをまき散らしているかによって、様々な
ことが違ってきます。

◆2. テレビの視聴には気をつけてください。*特にお子様、感受性の強い老若男女
の方々。

身体がだるくなったり、ボーッとしたり、涙が出てきたり、妙な罪悪感が湧いてきた
り、不安状態にある自分に気づいたら、即刻テレビを消すか、必要なニュース速報の
みが流れてくる全く違う番組にしてください。

テレビで繰り返し繰り返し流される悲惨な映像は、非常に強い吸引力を持ちます(と
かく最近のメディアは人々の不安をあおるのが特徴です)。

人によっては催眠にかけられたようにテレビの前から動けなくなる人もいるでしょ
う。

こうした映像に何度も何度も自分をさらすことは、何の役にも立ちません。

***私たちが生きていく為に必要な情報が得られれば、それだけでいいのです!*
**

トラウマの渦の引っ張り込む力はとてもとても強力です。

サンフランシスコ大地震の時は、繰り返されるメディア報道が人々にもたらすネガ
ティブなインパクトは甚大だったといいます。


◆3. 今一番に必要なのは、身の安全を確保することです。
避難場所、食べ物、人々が安全かどうかをチェックすることが優先です。


◆4. そして非常時に最も大切なのは、人とのコミュニケーションです。
人を求めるのは、とてもとても自然なことです。

その時の自分の思いを言葉にして、所属するコミュニティでシェアしたり、身近な人
に伝えてみてください。
もちろん、手段はメールでも構いません。
「メールに書きながら落ち着いてきました。大丈夫です」とおっしゃる方、多いで
す。


☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆.。.:*・°☆

特にメディアが繰り返し繰り返し流す悲惨な映像によって
距離が保てなくなり
自分が生きていることに罪悪感を感じてしまったり
全く逆に現実感を失って自分がここにいる感覚がボンヤリしてしまったり
・・・という声が私の元に次々届いております。
それで上記の文章を配信することにしたのですが、
「私の状態がそうでした!!そうだったんですね!」
という反応が今度は返ってきています。

水城先生の方でも
もしよろしければ
情報としてご使用ください。
・・・というか
是非皆さんに教えてあげてください。

自分を見失うことなく
冷静な判断ができるように。

命が守られますように・・・。
[PR]
by chutaro116 | 2011-03-20 23:32 | からだ

さまざまなこと

改めて、東北関東大震災で被災された方々に
お見舞いを申し上げます。
お亡くなりになった方々へお悔やみを申し上げます。
ただただ、胸を痛めています。

しばらく何も手につきませんでした。
これからも、手につかない事と、時間の感覚が変わってしまっている事を
どうにか調整しながら、生活をしていかねばと思います。

何か少しでも、お役に立てることを探します。

少なくとも、元気で居なくては、と思います。

帰国後、やっと体調が復調しました。

私は7日に帰国しましたが帰国2日前の5日早朝に
下痢と吐き気と高熱にうなされました。

韓国で点滴や注射を受け、レントゲンも撮り、
胃の中に残留物がパンパンと、
病院で通訳していただき(英語と日本語とハングルで)
腸炎。と言われました。

おかゆとお湯のみで過ごすこと数日。

帰国後、声も出ず、耳鼻科と消化器科をはしごして
受けた診断は、急性ウィルス性(おそらくノロウィルス)胃腸炎。
でした。

だって、わたし・・・生牡蠣を食べましたもの。おほほ・・・というかトホホ。

ノロウィルスが去ったであろう、11日からさらに下痢が続き
もう私、だめ・・・・。
と、かなり大げさに落ち込みました。

さまざまなお薬を貰って、ようやく今に至ります。

声帯も結節になってしまいまして、高音が出ません。
大ショックです。
長い時間人と話すことが出来ません。

原因は様々であることだけは理解が出来ているので
今はただただ、我慢してお薬と治療に専念です。

そんな状況でも、
回復は感じます。

これは、本当にありがたいことです。
昨日よりも今日の自分が元気であるということが
判る、
普通のことかもしれませんが、
これほど贅沢なことはありません。

お世話になっている現代朗読協会では、
災害時のメンタルケアというワークショップを
無料開催してくれていました。

http://juicylab.blogspot.com/2011/03/blog-post_20.html?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

私は、普通の体調不良のつもりでいましたが
参加後、随分楽になりました。

かわかみひろひこさんの「アレクサンダーワークショップ」も
大変役立ちました。

こんなときは、無理なく身体を以前のように動かすということが
どれほど大事かもわかりました。
(やりすぎてバレエまでやった私は股関節の症状は悪化・・)
何事もほどほどに・・・。

何はともあれ、
再びの渡韓まであと10日を切りました。

台詞覚えないと・・・・
[PR]
by chutaro116 | 2011-03-20 23:22 | からだ

猫や芝居や日常


by chutaro116
プロフィールを見る
画像一覧