<   2012年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

ビックカメラOUTLET有楽町

液晶地デジテレビ
パナソニック VIERA 32インチ
29800円⇒光フレッツ開通工事申し込みで1円!

b0062522_2312028.jpg


理解不能な広告を前に
私が震えていると親切な店員がやってきて
「何か?」と聞きます。
「あの。これは。工事費が1円なんですか?」と
固まったまま質問すると私を係りのお兄さんの居るデスクへ
連れて行ってくれました。
「ここで説明しますからね」
まるで病院みたいだ。

親切な朗らかそうなお兄さん「斉藤さん」が
丁寧に答えてくれます。
工事費初期費用はこれだけかかりまして
電話番号は変わっちゃいますねぇ
テレビは地上波とBSが観れますね。
スカパーに加入すると4千円くらいのパック料金になっちゃいますねぇ。

「ところで、あの、工事費は1円になるんですよね?」
「え?いやテレビです」
「あ?」
「テレビが1円です」
「え?」
「てれびが」
「どうして?」
しつこい私ですが理解不能です。
「あの、今ビックカメラが還元感謝セールというのをやっていまして
フレッツ工事日が決まった方は1円、
決まらなかった方は商品券で還元するというキャンペーンなんです」
「まったく判らないのですが、なんでテレビが1円?」
馬鹿になった私。

「感謝の一環なんですよ」
「へ~。じゃあもし今購入と工事日を決めたら
レジで払うお金は1円なんですか?」
「そうです!」
「え~~~」

周りの店員さん心の叫び
(斉藤さんあと一息で契約成立!頑張れ!)

「あの、主人と相談してまたきます」
(初めて使う、言ってみたかったせりふで我を取り戻す私)

「今月中だと月額使用料が3ヶ月無料で
3月からだと1ヶ月分だけになってしまいますから、ご注意くださいね」
「明日までってこと」
「ハイ!でも僕は明日おやすみですので」
「じゃあ、もし来たら斉藤さんご指名しておきます」
「ハイ!」
ことごとく親切な斉藤さん。店員の鏡です。
このあと、テレビが映るパソコンに目がくらんだときも
色々教えてくれました。
なんと18800円くらいで買えてしまいますのよ。
intereではないので、やめたのですが・・・。

しかし、
1円の32インチテレビ。新品。
スマホより安い。
昔の携帯電話みたいだ。

大変心が揺れるのですが
あんなにテレビ要らないとおもっていたのに。

そして、主人ではないが知人に相談。
「ランニングコストをよく考えた方が良いです」
冷静な意見を適切に言ってくれる人に友達でいて貰う事は
何よりも得難い事。

多分購入には至らないでしょう。

ここまで来たら全部1円になるまで待ちましょう。
[PR]
by chutaro116 | 2012-02-29 02:31 | 休日

だんらんにっぽん

b0062522_13395990.jpg

ポレポレ東中野で
だんらんにっぽんを観ました。
http://www.youtube.com/watch?v=Qik96xcls7w&feature=youtu.beこの日本にまだ希望の灯りが存在していて
実現する事ができるのだと
人間の力は無尽蔵かもしれないと思わせてくれた作品です。
今の私たちが一番考えなきゃいけないテーマをこの中に出てくる皆さんが教えてくれています。
あたたかい映画でした。
是非とも劇場へ行きましょう!
[PR]
by chutaro116 | 2012-02-28 13:39 | 映画・ドラマ

おじさん図鑑

NHKラジオで
映画『しあわせのパン』の三島有紀子監督のインタビューを聞き、
じわっと感動して、インタビューが
終わってからもそのままラジオを流していたら
『おじさん図鑑』の作者なかむらるみさんの
街頭インタビューみたいなコーナーになりました。
なんだかとてもゆるくてほのぼのした声の人だなと思い
ちょっとおじさん図鑑に興味が湧き
夕方久しぶりに本屋に寄ったら
平積みになってました。
『おじさん図鑑』
立ち読みしたらもう笑い転げて倒れそうになり
一人でそんなになったらヤバイと思い、
真面目な本に移りクールダウンしてから
購入しました(笑)。
久しぶりの衝動買い!
スグに読みたくて、
サイゼリアに駆け込みましたF6CD.gif
b0062522_19333743.jpg


また笑い転げて涙がボロボロでて来たのでクールダウンして
携帯からブログを書く事にしました。
この本
ヤバイですよF7C3.gif

・・・あ~
読み終わりました。

ほんとうに面白かった。
笑いすぎて疲れました(笑)。

いっぺんにこんなにおじさんをみてしまい
夢におじさんが出てきそうです。

ちなみに
この本では、おじさんらしければらしいほど
ポイントが高いのです。

なので同業者に見られる
自由な感じの方のポイントは
総じて面白みに欠けるので(笑)低めでした。

この本の凄い所は
作者のさいとうさんの洞察力と
今日のラジオでも話していらしたけれど
「おじさんが大好き」であるところです。
なのでどんなおじさんも(感じの悪いおじさんでさえ)
ほほえましいのです。

そしてディープな取材記事もちゃんと掲載されています。

おすすめで~す。
[PR]
by chutaro116 | 2012-02-27 19:33 | BOOKS

『あらしのよるに』初日です

b0062522_1145131.jpg

b0062522_1145159.jpg

b0062522_1145179.jpg

昨日2月25日
初日を迎えました!
本日26日は千秋楽ですF37E.gif
3回では勿体無いくらいの出来上がりです。
あと一回声もがんばります!
[PR]
by chutaro116 | 2012-02-26 11:04

てっちゃん!

b0062522_1044373.jpg

大井町線になにか起きるみたいです(◎o◎)
線路際や踏切やホームに大勢の鉄道マニアさんが!
『急行が先に来たらどうしよう』というセリフが聴こえてきました。
なんだか高揚が伝播してきます。緊迫感溢れるホームの端F771.gif
ちゃんと各駅停車が来ると良いですねF379.gif
[PR]
by chutaro116 | 2012-02-26 10:44

目線

b0062522_10532829.jpg

電車内でドア付近に立ち
外の景色を見ようとすると
私の目の前には必ず広告が立ちはだかり景色を見せてくれません。
電車賃を払い広告まで見せられるとは、
実は以前から憮然としているのです。
・・・だじゃれで薄めようとしてるけれどずいぶん前から(;_;)
JRが始めて次に私鉄が始めました(-"-;)
しかし井の頭線はやってません。
京王線の開放感はそこにあるのかも\(^ー^)/
是非とも鉄道各社に廃止を願いたいです
背が低いヒトの事情も理解してねF379.gif
[PR]
by chutaro116 | 2012-02-24 10:53 | 日常

しゅわえもん 稽古最終日!

劇団しゅわえもん「あらしのよるに」
本番がいよいよ2月25日になりました。
公演の詳細はこちらをクリックしてね!
本日が稽古場でのお稽古が最後でした。

あまり稽古に参加できなかった事がとても悔やまれるくらい
楽しい仕上がりになってきています。

11月に初めて稽古場に入った時から比べると
皆さん、ものすごい成長率で
生き生きと全身で、物語を伝えてくれます。
b0062522_0525470.jpg


ダンスシーンが沢山あるのですが
メイちゃんとガブの南雲麻衣さんと今川竜二君は
何度も何度も稽古を繰り返していて
まあ、それは稽古としては当たり前なのだけれど
ちょっと一緒に踊るまねをしたら、
ものすごい運動量で
若さって凄い!と思いました。
b0062522_0485956.jpg

ピンボケでごめんなさい。
左 今川竜二さん 右 南雲麻衣さん
今川さんは、ろう者として日本で初めて小児科医の国家試験に合格をしました! 
この素晴らしい肉体はラグビーで鍛えたという事です。
南雲さんは春から病院に勤務が決まりました。
皆さん、まじめに社会で働き、お芝居もやってとても素晴らしい人生ですよね。
b0062522_0495238.jpg

この男子たちはオオカミチームです。一番右が劇団しゅわえもん代表の野崎誠さんです。

なにより
とてもとても純粋なエネルギーが伝わってきます。
みていて、一緒に声を出していて
心が洗われるようです。

b0062522_0491827.jpg

写真中央は映画ゆずり葉の主演で今回は演出の庄崎隆志さん。
ヤギの長老として出演もしています。

ゆずり葉の時から、一層深みを増した庄崎さんです。
演出もとても細かく繊細です。

神様はこうして
適切なタイミングで適切な出会いを用意してくれている、
と思わずには居られませんでした。

b0062522_0502642.jpg

そして、写真左は野崎パパこと、代表野崎さんのお父様。
小道具の作成を一手になさっています。とても愉快なお父さんです。
ヤギのパペットも(6体位)全部お父さんが作りました。
野崎ファミリーは奥さんの佐沢静枝さんと息子のツヨシ君も出演しています。
そして、パペットの柄の部分を持っているのは大切な仲間、
声優であり手話通訳士でもある佐田明さん(右)
そして中央が渋い声の持ち主、松岡大介さん(中央)です。
とても親切なお二人に助けられながら頑張っていま~す。

あ~
あと3日でこの現場が終わってしまうなんて。
淋しいな。

やり残す事がないように
目一杯楽しんで、作品が成功できるように
協力していきたい!
と思います。
[PR]
by chutaro116 | 2012-02-24 01:05 | 芝居

瞳をとじて

Youtubeで発見しました。

3ヶ月くらい前のUPみたいですが
なんと
「瞳をとじて」平井堅&小田和正ヴァージョン!

http://www.youtube.com/watch?v=WuRyPf_2Pac&feature=related
凄い。ステキ。

この2人の世界観て共通するものがあると思う・・・。
でも、小田和正って、平井堅のとても先輩ですよね?よね?

小田さんの声の力強さに圧倒されます。

ちょっとかなり感動です。
[PR]
by chutaro116 | 2012-02-15 13:56

王国

もうすぐ
読み終わってしまう、よしもとばななさんの「王国」全4部作。

あと15ページくらい。

勿体無い!

不思議なことに、読んでいると自分の生活にリンクしてくることが沢山ある。

縁のある読書とは、このようなめぐり合いが必然に起きるのだろうな~。

一番心に届いてきたのは
その4のパパ2のせりふ
「~選択肢の広さに感動して、やはりこの世に居てもいいと思うだろう?」

ちょうど、朝から
選択肢の広げ方は自分次第だと痛感していた事があって
ジャストに届きました。

朝の出来事は
引っ越してきてからガス湯沸かし器の不調を
約4年も我慢して使ってきて
とうとう昨日我慢できなくなって
パロマに電話したら
大屋さん持ちで、今朝あっけなく直った。

ここは、とても古い建物で色々な面で近代化されていないので
初めての様々な交渉が沢山あって
元気な時でないと、動けない。
といつも自分に言い訳をしていたことに気付く。

4年ものあいだ、
シャワーが急に冷たくなったりするたびに
スッパマッパ状態でびしょびしょでキッチンに戻り
ガスの元栓をあけたり締めたり。

よくガス事故を起こさなかったなぁ

大屋さんだって、「業者さんに言ってみてもらってね」って
言っていた。

それから
地デジになってから
ここは戸建方式なので自分でどうにかしてくださいと
言われ、(ーー;)
携帯でしかテレビが観れなかったのだが
とうとう総務省の地デジコールセンターに
泣きそうな声で電話をしたら
お試しだけど、室内アンテナを貸してくれる制度
(送料は往復総務省負担ですぞ)を教えてくれた。

今、キットが届いた。

あっけなく
改善することとかしないこととか、
こうして選択肢がひろがると
なんだか本当に感動する。

やったことがない事とか、普段知らない事や仕組みに触れるとき
どうして躊躇してしまうのだろう。
小学校では、毎日新しい事を学んでいたはずなのに
いつの間にか、経験則におもねってしまっている。

おそらく
人間はほうっておくと、経験則で生きていくものなんだろう。

だから、「勉強」という習慣をつけないと
大変なことになるって誰かが思って
学校というものが出来たんだろうな。多分。

毎日同じことは一つもないのにね。

私は猫にだって、いろんな選択肢を知って欲しいなぁと思う。
餌の味とか、遊び方とか。
キモチの良いベッドの種類とか。
もともとは猫だって野生の生き物だから
いつだって、外界の刺激は受け入れられるのだ。
新鮮なのは嬉しくて喜ぶのだ。

広がりすぎても怖いけれど、
感動できる範囲で、広がりたい。

それにしても
この「王国」を読んでから
身の回りの人々が、いとしいなぁと感じることが増えました。

目に見えない縁ある人々とのつながりとか
流れとか、
なんでこの人が好きなんだろう。
という事が、誤解ではなく
一方的な視点でもなく
具体的によく理解できました。

中目黒でサボテンが安かったので買ってしまったし(笑)。

ばななさん。凄い作家だなぁ。
ずっと書き続けて欲しいです。
[PR]
by chutaro116 | 2012-02-15 12:11 | BOOKS

再会!

駅前のお蕎麦屋さんで飼われていた
地域ねこちゃんたちと、
2年前の春にとても仲良く交流をしていました。

お蕎麦屋さんが閉店し
解体され
成城○井になってしまい
お蕎麦屋さんの裏手にあった
小さな竹薮や
枝と枯れ草にまみれてじゃれて遊んでいた
草むらや
猫の爪とぎ場でもあり
駐車場のおじさんがいつも座っていた
大きな樹の切り株も
全部なくなって、コンクリートの駐車場になってしまいました。
駐車場のおじさんも、胃がんの手術をするために
一回仕事をやめるけど、すぐに退院して戻ってきますよ。と
話していたけれど、その後逢えていません。

解体されていくお蕎麦屋さんや
切り倒されていく渓谷の竹林があまりに無残で
幸せに飛び跳ねて遊んでいた猫たちが隣の中華料理店の
店主にいじめられたりすることが、
駅前を通るたびに悲しくて悲しすぎて、
そのせいもあって、一番近い駅を利用する機会が
減ってしまいました。

でも、地元の方々の努力で
猫たちは、なんとか生き延びていました!

駐車場のおじさんが名付けた
『ゴルゴ』
b0062522_1455368.jpg

子猫だった彼らは
餌を沢山もらって
ふくよかに、猫好きさんたちの愛にそっと寄り添って生きていました。

そして、
お天気の日に、スーパーの裏手から出てきてくれました。
b0062522_146499.jpg

感涙!
そして私のことも覚えていてくれていたみたいです。
『ゴルゴぉ』と呼ぶと身体を擦り付けてきます。
他の兄弟達も。

野良ちゃんたちの命は長くありません。

どうか、だれにもいじめられないで
短い命を謳歌して欲しいと
心から願います。
[PR]
by chutaro116 | 2012-02-14 14:06 | ねこ

猫や芝居や日常


by chutaro116
プロフィールを見る
画像一覧