<   2012年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

イチゴ狩り

b0062522_22213432.jpg

本日はとバスツアーで静岡にイチゴ狩りに行きましたF688.gif
浄蓮の滝にも洋らんセンターにも行きお土産にアジの開きを3枚も頂きました。
大満足の旅。
富士山もくっきり見えてとにかく幸せに包まれました。
魂のリセットですF7CC.gifF7CC.gif
[PR]
by chutaro116 | 2012-03-25 22:21

新国立劇場『パーマ屋スミレ』を観ました。

新国立劇業:小劇場にて
『パーマ屋スミレ』を観ました。
http://www.nntt.jac.go.jp/play/20000439_play.html

鄭義信さんの世界は私はとても好きです。

世界観や言葉が好きだし
人物の見つめ方も、温度も。

ラスト号泣です。
カーテンコール号泣。


何処かで聞いた有名な話です。
(忘れた自分が情けない・・だれか教えてください)

かつて劇場は人々にとってとても必要な場所だった。
なぜならそこで、人はニュースを知り事件を知り人間を知るから。

久しぶりに訪れた新国立劇場が
昨年の震災の後、
おそらくそのような位置づけを目指して
劇場を、そしてそこで創る演劇を
人々の為に創っている。
という事をとても強く感じました。

私が演劇に対してこのような感覚を持ちえたのは
本日が初めてかもしれません。

今の私にとって必要な場所。
必要なツールとして演劇があった。
劇場がある。

オペラシティはCASAや韓国料理のレストランが閉店していたり
様相が変化していたけれど、
人々にとって必要な場所として
劇場も、そこに付随する施設も、コンサートホールも
この場所がいつまでもいつまでも存在して欲しい。
存在しているその間は、何とか日本も大丈夫に違いない。と
思いました。

なぜなら、そこで心に栄養と元気を与えられた人々が
おそらく次の日には別の形で元気や栄養を違う形で
他の人に供給できるから(しかも無償で!)。

明日の自分は大丈夫。と思えるから。

うん。頑張ろう、自分!
[PR]
by chutaro116 | 2012-03-25 00:01 | 芝居

伊国屋書店

近所のペットショップに併設された
伊国屋書店(笑)。なんて読むのだろう。いぬのくにや?無理あるが・・・。
犬と猫の本がたっくさん並んでいました。
b0062522_18123210.jpg

[PR]
by chutaro116 | 2012-03-18 18:15 | ペット

ヨコハマみなとみらいの一日

横浜美術館で開催されている
松井冬子展「世界中の子と友達になれる」に行きました。
http://www.yaf.or.jp/yma/index.php

b0062522_1894914.jpg


知人から(大の松井さんファン)から
ドキュメンタリーを見せていただき
ずっと気になっていた画家でした。

紅白にも審査員で出演されていましたね。

とにかく、お美しいのです。松井さん。

あの美しさから、
この世界がつむぎだされる、と思うだけで
私が男性だったら鼻血が出そうです。

でも同性として、
松井冬子さんの絵を見ることができるのは
とんでもない幸せだなと思いました。

日本画の手法で描かれる
恐怖、狂気、性、生、死、ナルシシズム、痛み、
等々

幽霊も。
内臓も。
子牛の解剖図も。

会場は、殆ど声がありません。

初老の女性がたまにお2人くらいで
「コソコソ」っと何か話している程度。

言葉が出てきません。

圧倒されてしまって。
たまに「わっ」とか。「スゴ」とか
声に出して呟いていたのは私くらいでしょう。
皆さん、お行儀が良い。

「世界中の子と友達になれる」というのは
松井さんが芸大の卒業制作で発表した作品だそうです。

表題の作品は、圧巻でした。
ピカソのゲルニカをスペインで見たときと同じイヤそれ以上の
迫力でした。

これは、実物を見ていただかないと
写真や、図録では伝わりません。

絵画に、凝縮された感情がこれほどまでに
ビリビリ伝わる事に感動を覚えました。

松井さんはまだお若い37歳です。

表現されている世界や、手法が年齢を超越しているので
ちょっと神懸り的な印象があるのですが、
これほどまでにグロテスクな世界を私たちが
すんなりと受け入れられるのは、
フレッシュだからだ!と思うのです。

繰り返しや、過去の引用や、模倣や
そんな所には一瞬たりともとどまらず、
忠実に己の世界に全力で立ち向かうエネルギーが
莫大で、いつもどの作品も新たな血液が滔々と流れているからでしょう。

絵のことは良くわかりませんが
とてつもない世界観の湯船につかったような時間でした。
b0062522_18105670.jpg


その後、
桜木町の映画館で(コじゃれた)
ピナバウシュを観ました。
初3Dです。
2000円もしました。

でもね。
酸欠で意識がなくなったのです。
マスクするでしょ。
めがねかけるでしょ。
顔の殆どが覆われるわけです。
苦しくてマスクはずすでしょ。
めがねが変なにおいするのですょぉ・・・。
耳が圧迫されるでしょ。
痛くてめがねはずすと画面がぶれてて
目がおかしくなるでしょ。
痛いから、
めがねを手で持ったりしてみますでしょ。

ずっと踊ってるだけだから、まあ
ストーリーが判らなくなるわけではないけれど・・・。

も~~。
映画どころじゃありませんよぉ(涙)。

なんで3Dなんですか。
2Dじゃダメなんですか。
~by蓮紡~

冒頭のカーテンがユラユラ出てきたときだけ
「お~」と思いましたが
画面の色がぜんぜん変わってしまうし
もう。ベンダースがなんで3Dにしたのか
判りません。

ピナは凄いけど、
「ピナの教室」の方を観て感動したいと思います。

3D反対。

観終わってから、再び、横浜美術館へ。
今度は常設展を観覧。

普通の絵が沢山。

でも。
ダリとかピカソも少しありますし
ミロの適当に描いたように見える絵もあるし(笑)。
今日気付いたけれど、私はダリが大好きです。
蟻とか最高だ!
日本画も沢山あって、日本の画家の作品も沢山あって
写真展まであって、現代前衛オブジェみたいのもあって
とにかくお腹一杯でした。

楽しかったけど。

冬子ファンにお土産も買いました。

午前中に着いたのに、
もうカフェはオーダーストップの時間でした。
カフェはとてもいい感じでしたよ。
http://www.yaf.or.jp/yma/cafe/010/横浜に遊びに来ると
いつも時間があっという間に過ぎてしまいます。
あ~。楽しかった。
[PR]
by chutaro116 | 2012-03-16 22:58 | art

確定申告

今週は仕事がなくて
ほんとうに時間があるので
東京に居るよりも
韓国ウォンが未だ手元にあるので
マイレージもあるので
韓国へ行って過ごした方が経済的だと思い
現在ワークショップ中のドヨへ日本チームの発表公演を観にいこうと
決意をした所、予定が変更になって
いける日程から外れたので、
観光だけではつまらないので、
日本に居る事にしました。

それでも時間があるな~と
喜ばしく、図書館へ行くと
「確定申告はお済ですか?」のポスターが。

「あ!!すっかり忘れていた!やる事あるじゃありませんか!」
そして、締め切りが15日!

きゃ~~!と大慌てで取り掛かる事2時間。

今年度はあまりに収入が少なく
現実を直視する事を、身体が嫌がっていたようです。

あまりに少ないので、
収支報告書も省略です。

どう見積もってもゼロですもの・・・・。

それでも医療費などの計算。

入力した数字が、なんだか一桁多くなってしまっている。
(それは心が欲する希望額であるが・・・)

もろもろで
5時ちょっとすぎに完成。

税務署までダッシュで自転車で駆けつけると
すでにしまっていたが、中から親切なおじさんが出てきて
時間外ポストへ入れるように、書類を調えてくれました。

この時期。
税務署の人々は面倒ではない人にはとても親切です。
申告にも慣れ(納税ではなく還付金のみの申請が繰り返されるので)
書類不備もそうそうない私は、税務署にとっては
ちっこい、御しやすいお客さんに違いありません。

今年も無事に3月15日を終えられて良かった。
と多摩川の夕日を眺めましたら、
本日はまだ14日だと気づきました。
ガ~ン。

ダッシュしすぎた。

でも明日は出来なかったし、今日できて良かった。

そして、
つくづくと収入について
仕事について
生きていくという事について
現実的に考えるのでした。
[PR]
by chutaro116 | 2012-03-14 19:18 | 日常

映画『立入禁止区域・双葉 ~されど我が故郷~』

お世話になっている、プロデューサーであり映画監督の
佐藤武光さんの最新ドキュメンタリー映画
『立入禁止区域・双葉 ~されど我が故郷~』


の特別上映会が東京渋谷のUPLINK(アップリンク)で
今夜行われました。

今日は終映後にトークショーも行われ
双葉町の自治会会長の天野さんのお話も聞く事ができました。

映画は、
テレビなどの一般的なマスコミでは
到底踏み込めない部分を映し出しています。

残された犬達の姿、野生化した牛。
そして、消えてしまった町。

沢山の福島の人々。

あまりにも
壮絶に消えてしまった町の風景、
それでもなお、生きる営みを続ける為の葛藤は
監督や地元の方々の思いを通して
鋭い景色として胸に刺さりました。

震災の事を思い出すのが、
黙祷をささげた今日だけであっては決してならないと思います。

被災地の人々が被災する以前に戻る事、
すなわち時間が戻るということは
現実的になくて、
当然ですが
おきてしまった現実の最悪の状況下で
最善を尽くして生きていく。
という、本当に本当に
辛い事を
被災地とならなかったけれど
いつ被災してもおかしくない日本に住む私たちが
改めて理解をし、忘れずに
出来る事を探して、
意識を向けて行かなくてはならない。

と、思いました。

ドキュメンタリー映画『立入禁止区域・双葉 ~されど我が故郷~』は
3月17日よりアップリンクで公開されます!


是非是非
劇場で、大きな画面でご覧になってください。

くしくも
今日は、大切な人々と時間をすごすことが出来て
心から、感謝をしています。

一緒に過ごせる時間に。
幸せと感じられる空間があることに。

奇跡のような瞬間に。

facebook
https://www.facebook.com/#!/profile.php?id=100001749199094
[PR]
by chutaro116 | 2012-03-12 02:06 | 映画・ドラマ

じもぴーさんへ

かなり
限られた方へ向けた記事でごめんなさい。

「じもぴー」さんへ

本日、猫えさのサンプル(シーバ)を沢山もらえたので
渓谷のビニール傘の中に枯れ草を掛けて
箱ごと置いてきました。

すでに5匹(か4匹)は沢山召し上がりました。
b0062522_20262548.jpg


怪しまれるかもしれないので
メッセージを書いています。

紫色の箱です。
名前も書いておきました。

猫ご飯の足しにしていただければ嬉しいです。

サトコ。
[PR]
by chutaro116 | 2012-03-10 20:26 | ねこ

昼寝の忠太郎

b0062522_22561564.jpg

手前
忠太郎ミニ
[PR]
by chutaro116 | 2012-03-05 22:56

今朝の忠太郎

b0062522_15113034.jpg

枕元で飼い主(だけどゲスト)を起こす忠太郎ですF7CC.gifF7CC.gif
[PR]
by chutaro116 | 2012-03-01 15:11

猫や芝居や日常


by chutaro116
プロフィールを見る
画像一覧