「終りの一日」〜ひとり芝居〜 のご案内です!


終りの一日」〜ひとり芝居〜
ご案内です。

取り急ぎ、情報だけ公開いたします。

詳細とか、いろいろなことについては順次追ってお伝えしていきます!
12月8、9日
西永福で、上演いたします!!

日 時
2018年12月8日(土)18:00開演 9日(日)14:00/17:00開演
※開場はいずれも各開演の1時間前
[チケット料金]
2,500円+ワンドリンク500円〜 [ご予約・お問合せ]
[会場]
西永福 スペースVoicing

b0062522_02454957.jpg
b0062522_18524295.jpg



東京都杉並区永福4-19-7 ヴォイスィングビル 1F
京王井の頭線西永福駅(急行はとまりません)下車、 北口を出てすぐの薬局の角を左折、
商店街を抜けて(約100m)、信号のある交差点に出たら、
道路を渡って左折、 約20m先のビルの1Fです。
*会場は最大26席程度の小さな空間なので、できるだけご予約をお願いいたします


・インターネットでのご予約
・メールでのご予約
E-mail:owarinoichiniti@gmail.com宛に、
「日時・お名前・連絡先・枚数」を明記のうえご連絡ください。
・お電話でのご予約
TEL/FAX:03-6312-6776(留守番電話の場合はメッセージをお残しください )
ワンダープロ TEL:03-3226-6101(平日11:30〜17:00)

公演当日のお問合せ TEL:03-6874-1200
facebook イベントページ「終りの一日〜ひとり芝居〜」
twitter #終りの一日〜ひとり芝居〜


作品について
 山田太一オリジナル脚本。
ひなびた港町を舞台に31年の教員生活を終えて学校を去る、
ひとりの戦争未亡人の生き方を、切々とうたいあげるドラマ。
東芝日曜劇場1975年作品。今回が初の舞台化となる。

あらすじ
 かつてはニシン漁で栄えた町に住む教員・朝倉秀子は、この港町の中学校を去ろうとしていた。
学校で古参の秀子は、新進気鋭の校長と何かにつけてうまく折り合わず、
31年の教員生活に終止符を打つことにしたのだった。
退職の日、送別会が終わり家に帰った秀子を、
教え子・勝本祐司が待っていた…。

<原作>山田太一プロフィール
1934年東京浅草生まれ。脚本家。
早稲田大学教育学部卒業後、松竹大船撮影所入社。1965年独立。
以後約半世紀にわたって「男たちの旅路」「岸辺のアルバム」「早春スケッチブック」
「思い出づくり」「ふぞろいの林檎たち」
「キルトの家」「五年目のひとり」など多くの名作ドラマを手がける。
1982年「ながらえば」で芸術祭優秀賞、テレビ大賞優秀番組賞、芸術選奨文部大臣賞受賞。

<企画、出演>岩崎聡子プロフィール
東京都港区生まれ。
1983年今村昌平監督「楢山節考」でデビュー。
富良野塾2期生。
日本映画学校卒業後、劇団1980を経て、現在(有)ワンダープロダクション所属。
主な出演作
映画:「女衒」「ゆずり葉」「沈黙〜サイレンス」
テレビ:「西郷どん」
ラジオ:NHKFM青春アドベンチャー「火喰鳥 羽州ぼろ鳶組」
ナレーション:映画「父をめぐる旅」

<演出>川口典成プロフィール
1984年広島県広島市生まれ。
東京大学思想文化学科宗教学宗教史学専修課程卒業。同大学院修了。
ピーチャム・カンパニー代表・演出家。
現在は主にドナルカ・パッカーン名義にて活動。
演出作に「美しい星」(原作:三島由紀夫)、
    「ザ・モニュメント 記念碑」(作:コリーン・ワグナー)、
    「暗愚小傳」(作:平田オリザ)など。

<協力>
(有)ワンダー・プロダクション/ピーチャム・カンパニー/スタジオ・レイ:加瀬玲子/RIO UMEZAWA/
   写真: sallu/チラシデザイン:サノ ユキコ




[PR]

by chutaro116 | 2018-11-10 02:41 | 芝居